2009年10月20日

魚籃観音(ぎょらんかんのん)

18日のタートルマラソンの帰り道、

長円寺というお寺の前を通り過ぎようとすると、塀の向こうの赤いのぼりが目に入った。

「魚・・・」?

あれ?ここ、もしかして「魚籃観音」があるの?!

この間、三田の魚籃寺というところに行ったところだったので、ピン!ときて、入ってみた。

やっぱり、そうだった。
魚籃の籃は「かご」の意味で、魚を入れたかごを持っているのが魚籃観音。めずらしい観音様だ。

まさか地元にもあったとは!

魚籃寺ではお堂がしまっていて、観音様のお姿は見られなかったのだが、ここでは、見ることができた。

091018_1448~0002.jpg 091018_1449~0001.jpg

091018_1447~0001.jpg
もしかして、18日は観音様のご縁日なので、今日はご開帳の日だったのかも!

小さな祠の中に、さらに小さなお厨子があって、その中に、高さ30センチほどの美しい観音様。

この祠は門を入ったすぐ横にあって、門の外を歩いている人からは死角になっていて見えない。

境内には私の他に誰もいず、一人で、近寄ってじっくりと観音様を拝めた。ラッキー♪♪

供えられた花の真ん中のところに、なぜか光の束が集中して当たって、ピカーッと不思議に光っていて綺麗だった。(写真でも、ちょっとわかると思う)

何何? これ、私への誕生日プレゼントなのかしらん?

はあ〜、ええもん見さしていただきましたあ〜〜


実は、お隣の氷川神社には行きにも帰りにもお参りして、お寺のほうはスルーしようとしたのだったが、「のぼり」に気がついて、よかった!!

帰ってきて調べてみると、魚籃観音はもともと隣の氷川神社の本寺仏だったのが、明治の神仏分離でこちらに移されたのだそうだ。



posted by HANA at 21:47| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

すべらない話

火曜日、試験を受けに三田(駅ではメトロの白金高輪)に行ったのですが、早く着きすぎてしまったので、あたりをぶらぶらしていました。

やたらと坂とお寺の多い場所で、おもしろかったです。

091013_1214~0001.jpg 091013_1215~0002.jpg

魚籃坂(ぎょらんざか)。立て札に「坂の中間に魚籃観音をまつったお寺があるので名づけられた」というようなことが書いてありました。

右の写真がそのお寺、魚籃寺。知った名前だと思ったら、ここは江戸三十三観音の札所でもありました。いつかまた来ることになります。(江戸三十三観音めぐりを私と母と姑と3人ではじめたのですが、姑が闘病中につき、現在一時お休み中)

魚籃の「籃」は「かご」という意味の字で、魚籃観音というのは、手に魚を入れたかごを持っている像と、大魚に乗っている像とがあるそうです。お堂の扉はしまっていたので、お参りしたあと小さな隙間から中を覗いてみましたが、よく見えませんでした。

091013_1221~0001.jpg 091013_1224~0001.jpg

幽霊坂。「坂の両側に寺院が並び、ものさびしい坂であるため、この名がついたらしいが、有礼坂の説もある。幽霊坂は東京中に多く七ヵ所ほどもある」左の写真がその坂です。かなり急です。

091013_1211~0001.jpg 091013_1227~0001.jpg

伊皿子坂(いさらござか)。「坂の名前の由来は、明国人「伊皿子」(いんべいす)が住んでいたと伝えられるが、ほかに大仏(おさらぎ)のなまりとも、いいさらふ〔意味不明〕の変化ともいう」

なんか、よくわからないところがいいですねえ。惹かれます(笑)

右の写真のお寺は、名前忘れました。適当に歩いていて、迷いそうになった裏道のお寺です。

暑い日差しの中、30分以上、坂道を行ったりきたりしていたので、試験がはじまる頃には、汗だくでした。

試験はパソコンで入力していく式のもので、その場で結果がわかります。無事合格でした。

坂だけに、すべらないでよかった・・・めでたしめでたし。


posted by HANA at 13:08| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

虎と嵐

bisyamon.jpg神楽坂の善國寺というお寺に行ったら、
狛犬ではなく狛虎?がいました。

ぶっとい足やしっぽが、かっこい〜。

このお寺、何度か来た事あるはずなのに、今まで気がつかなかった。
いや、その時は気づいていたけど、忘れてしまったのか・・・?

しかし何で虎なんだろう??
ちなみに私は寅年生まれである。(来年は年女。ぎゃ〜)

それから、絵馬がたくさんかけてあったのだが、それを見ると「嵐」と書いたものがたくさんあった。「嵐」の文字を大きく太字にしたりしてあったり、カラフルだったり、絵が描いてあったりするので、目立つ。

いくつか見てみると「コンサートが成功しますように!」などと書いてある。ああ、嵐って、あのジャニーズの嵐のことなのか。

でも、なんで、このお寺が嵐と関係あるんだろ?

二つの疑問を抱えて帰った。

ネットで調べてみると、

のほうは、
〜〜〜
次に毘沙門天の狛犬というか狛虎は毘沙門天が寅の年、寅の日、寅の刻にこの世にお出ましになったことから毘沙門天の象徴である。(※)
〜〜〜


とのこと。へええ〜そうなんだ。

のほうは、

〜〜〜
その原因は2007 年1月から3月までここ神楽坂を舞台にしたフジテレビの「拝啓、父上様」にジャニーズ嵐の二宮和也君が主演しこの界隈の光景が映し出されたことによることは想像に難くない。そのため嵐のメンバーだけでなく関ジャニなどのファンがテレビ番組やコンサートの成功などを祈る可愛らしい乙女心が書かれたものが多い。(※)
〜〜〜


とのこと。ふうーーん。二宮和也ってどんな人だっけ?
(ジャニーズなんて、誰が何だかよくわかりません。)
あー、♪おこげサックサク♪のCMの人かな?

※下記のページから引用させていただきました。
http://homer.pro.tok2.com/sub21-2(bisyamonntenn).htm
posted by HANA at 20:48| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

ヤング@ハート

今日は高校時代の友人と久々に会って銀座でランチ。

解散後、一人で映画「ヤング@ハート」を見てきました。

この映画は超おすすめです!

私は映画を見てきても、ブログですすめたりすることはめったにありません。

というのは、普通にみんなが「いい映画」「面白い映画」というような映画なら、あちこちで話題になっていて、別に私が勧めなくても見る人は勝手に見るだろう、と思うからです。それに私、映画のあらすじとか感想とか書くの苦手なので(笑)

でも、この映画に関してはなぜオススメするかというと、私自身、人に教えてもらうまで全く知らなかったし、いつも映画の情報をメールでやりとりしているボランティア仲間のSさんも「ノーチェックでした」とのことで、あまり知られていない作品みたいなので、それはもったいない!もっと大勢の人に見てほしい!と思ったからです。

ということで、興味をもたれた方は下記のサイトをチェックの上、ぜひご覧くださいませ〜!!

楽しくって、おかしくって、ホロっと泣けて、元気をもらえる映画です。

■「ヤング@ハート」公式サイト

081130_1324~0001.jpg
東京国際フォーラム。強い日差しで地面にできた影がキレイ。

081130_1752~0003.jpg
東京交通会館のイルミネーション。ケーキみたいでかわいい。
タグ:映画
posted by HANA at 22:13| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

東京ドームシティのイルミネーション

081128_1929~0001.jpg 081128_1925~0001.jpg
昨日の夜の東京ドームシティです。大きな銀杏の黄色が濃く光に映えて綺麗でした。いちばんいい頃合だったのかも。

別にこれを見に出かけたわけではないですが、たまたま水道橋にいて帰りが遅くなってしまったので、偶然見ることができました。

081128_1931~0001.jpg午前中まで雨が結構たくさん降っていたので、夜になってもコンクリートの地面がしっとり濡れていました。そこに光が映って、地面も輝いていました。

私が夢中で携帯で写真をとりまくっていたら、急に自分のすぐ下のほうから「すみません」と声がしました。車椅子のかわいらしい若いカップルが「写真撮っていただけますか」と言ってきたのでした。

渡されたデジカメで撮ってあげたあと、また私もしばらくあちこち見ていたら、カップルの二人は早いスピードで、そこらじゅうをくるくると縦横無尽に走り回っていて、楽しそうでした。光る地面がスケートリンクのようにも見えました。

お二人さん、いつまでも幸せにね黒ハート


(追記)
後日またここに行ったのだが、改めてよく見ると、黄色の木は銀杏ではなかった。けやき?そして、黄色が濃いのは、黄色のライトを当てているからだとわかった。なあ〜んだ。

posted by HANA at 11:50| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

なんで会っちゃうの?

seibutree.jpg
世間は広いようで狭い。
会おうとしなくても、会う人とは、なぜか、偶然に、思いがけないところで会ってしまう。

金曜日。有楽町イトシアで友人とランチのあと、道端で知っている顔をみつけた。
知っているといっても、ある集まりで一度会っただけの人。
もしかして、違うかもしれない。記憶に自信がなくて、声をかけそびれた。でも、たぶんその人だったろう。

そもそも、その集まりでその人と会った事だって、人と人とのつながりがまたつながり、偶然と偶然とが重なり合って生まれた偶然だ。その人の連絡先も知らない。

あとで、やっぱり声をかければよかったなと思ったけど、そのうち、きっとまた会えるような気もする。

日曜日。なぜかまた有楽町。とある講演会。
友人がパネリストとして出演するということもあって聞きに行ったが、行くということは当人には知らせていなかった。たぶん、私が行くと行っていたら、やりにくいんじゃないかと思ったからだ。

会がお開きとなり、出演者が出口のあたりで客を見送っていたが、こそこそとスルーして逃げるように会場を出た。人前で「来てくれてたんだ、ありがとう!」なんて言われたくなかった。

で、会場を出てから、その近辺をちょっとうろうろして、さて帰ろうか、と駅へ向う路上、、、目の前をその友人が横切って行くではないか。

遠くいるのが見えた、とかではなくて、本当の本当に目の前を横切って行くのだ。まさに「鉢合わせ」って感じ。これでは、スルーしようにもできないではないか(笑)

絶妙のタイミング。笑ってしまった。

(写真は有楽町西武のクリスマスツリー)
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

がんばれ電柱!

yuyake2.jpg
夕焼けなど、綺麗な風景を写真に撮ろうとして、どうしても電線や電柱やガードレールなどの人工物が入ってしまうような時に、以前は「邪魔だなあ」と思ったものですが、

最近はむしろこんな電線ごしの風景をいいなあ、と思ってつい撮ってしまいます。

そこらじゅう電柱電線がいっぱいなのは美しくない、みっともない、という人もいるけど、(確かにそうなんだけれども)、

右から左から何本もの電線にひっぱられ、いろんなものを体中にいっぱいくっつけてふんばっている電柱を見ていると、なんだかいとしくなってしまいます。

電柱はえらいよ!(笑)
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ブルーの東京タワー

6pon3-tower.jpg
11月14日、六本木でブルーの東京タワーを見ました。(写真、ちょっとわかりにくいですが、中央がタワー)

乳がん月間の10月1日に東京タワーがピンク色になることはもちろん知っていましたが、ブルーはきいたことがない、何だろう?と、帰ってから調べたら、「世界糖尿病デー」でした。東京タワー以外にも有名建築物などがブルーにライトアップされていたそうで、今年からはじまったということ。

私がけやき坂通りのイルミネーションを見ていたら、最初に坂の途中の横断歩道からイルミネーション越しにタワーを見た時には普通のオレンジっぽい色だったのに、坂を一度下って、また上ってみたらタワーがブルーに変わっていたのです。

まさにその時間(18:30)に点灯式が行われていたのだそうです。

全くの偶然だったのですが、絶妙のタイミングでした。
ラッキー♪


6pon2.jpg
(けやき坂通りのイルミネーション)
タグ:東京タワー
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

デンキヤホールのゆであずき

torinoichi-yudeazuki.jpg
11月11日、浅草の酉の市に行きました。
その帰りに寄った「デンキヤホール」という昭和レトロな喫茶店で、友人が注文した、その店の名物だという「ゆであずき」。

ホットドリンク用のガラスコップに入ってくる「ゆであずき」はちょっと「え?」と思いますが、味はお汁粉とも違い、塩味がきいて甘さ控えめでなかなかイケます(私は一口もらっただけですが)。

この店のことは全く知らずに、たまたま通りかかって入ってみたのですが、ブログに書くために(店名がわからなくなったので調べる為)ネットで検索していたら、「アド街」などでも紹介された知る人ぞ知る店らしいです。

そういえば、そもそも「デンキヤホール」という名前からして変わってるし、店のいろいろ(インテリア、メニュー、店員さん)が、見どころ(つっこみどころ?)満載でした。
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

酉の市の縁起物

torinoichi-kirizansho.jpg
うちの近所の足立花畑の大鷲神社が酉の市の発祥の地らしいと知ってから、ここ数年お参りしていました。

酉の市といえば神社の境内に立ち並ぶ熊手を売る店が思い浮かびますが、熊手のほかにも「酉の市の縁起物」があるということを昨年はじめて知り、興味をもっていました。

酉の市豆知識
浅草酉の市

花畑では、そこれらの店は出ていないようなので、今年はちょっと遠征して、はじめて浅草酉の市へ行ってみました(11月11日・一の酉)。

切山椒(きりざんしょ)
名前の字面だけ見ると、山椒の佃煮みたいなものかなどと思ってしまいますが、これは餅菓子です。上記「豆知識」の記事を読んで私が想像していたのと全く違っていました。うんと甘いのかと思っていたら、甘みはかすか。山椒の風味もそんなに強くありません。上品なお菓子でした。
黄金餅というのも、誰か復刻してくれないでしょうか。

ヤツガシラ(芋)
「芋かん」は屋号。今はこの一軒だけだそうです。

torinoichi-imo.jpg
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

伝言板

dengon.jpg

駅で待ち合わせをして、ちょっと早めに着いたので、なんとなくあたりを見回していたら、こんなものを見つけました。

・・・伝言板(しかも黒板に白墨)

携帯電話が普及した今では、待ち合わせで行き違いがあって、連絡がとれず苦労するなんてことも、あまりなくなりましたね。

でも、携帯を持っていない人だっていますから、やっぱり駅にはこういうものをいちおう常備しておくようになっているのでしょうか。
(ちなみに、私の友達は携帯を持っていない人が多いです。)

伝言はなく、いたずら書きがされていましたが、日付はちゃんと更新されていました。駅員さんが毎日いたづら書きを消して日付を書き入れるのでしょう。

「伝言板に君の事、僕は書いて帰ります〜♪」(私鉄沿線by野口五郎)という歌が、思わず頭に浮かんでしまった私^^;

レトロ〜
posted by HANA at 10:49| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

夕暮れ

densen.jpg

とろりとした夕暮れ
あたりまえの風景が
急に愛しくなる瞬間



posted by HANA at 22:02| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

東京ミッドタウン

070425_1536~0002.jpg

新名所「東京ミッドタウン」に行ってきました。

率直な感想。
六本木ヒルズより、ずーっと居心地がよかった。特に根拠はないが。同行者も同じ印象だった。

つい一週間前は四国の山の中で、汗まみれ泥まみれになって歩いていたワタシ。
ギャップを楽しむ。

写真:エリア内檜町公園の池に映るミッドタウン・タワー。2007.5.25撮影。



posted by HANA at 08:08 | TrackBack(0) | 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

三四郎池

070407_1249~0001.jpg

四国から写真を掲載しようかな、ということで、携帯からのブログ書き込みテストしてみます。

今日は東大の公開講座を受講。
写真は大学構内の三四郎池。
ちょっと別世界。

posted by HANA at 21:09 | TrackBack(0) | 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。