2016年04月07日

今日が歴史の転換点

2F9289A2-EA10-4C73-8880-59726A28E1A2.jpg
2016年4月7日 牡羊座新月に寄せて
【今日が歴史の転換点】

歴史の教科書を見ていると

ある年に何かが起こって
そこで時代がガラっと変わった
かのように見える。

でもきっと

その時代を生きていた
一般市民にとっては

大きな時代の変化より
自分の今日1日の普通の生活のことしか
頭になかったんじゃないだろうか?

色んな出来事があって
なんとなく世の中が
変わっているのはわかっても

その一つ一つの出来事のどれとどれが
どこにつながってどうなるのか、
渦中にいる時には見えない。

だからきっと

私たちはいつも
大きな歴史の転換点にいる、
といえる。

今日この日を含む数百年
いま『近代』と呼ばれている時代は
1000年後の人達から見たら
どんな時代なんだろう。

いまの私たちが
『平安時代って、十二単とか着て、和歌とか詠んだりして、なんかめんどくさそうな時代だな』と思ったり、

『戦国時代って、今日の味方が明日は敵で、政略結婚やら人質やら、ひどい時代だなあ(こんな時代に生まれなくてよかったよ!)』と思ったりするように、

未来の人はきっと
『平成時代って、こんなことしてたの?信じられない!ヤバーン(野蛮)!!こんな時代に生まれなくてよかったよ!』
て思うんだろうな。

10万年後の地球から
振り返ったら

旧石器時代から近現代という
この日本の歴史も
ひとくくりで

『人類って、こんなことしてたんだ。信じられない。バカみたい!大変そうだな。こんな時代に生まれなくて良かったよ』て思う存在達がいるのかもしれない。

私達は
ものすごい変化の中を生きている。

いつも歴史の転換点にいる。

教科書に名を残す人物じゃなくても、

一人一人は
この人類の歴史というジグソーパズルの
ひとつのピース

名も無き一般市民の一人一人が
全体に影響している
時代を作っている
のだから。

毎日毎日
わたしが
時代を
歴史を
変えている

広大な砂浜の
砂つぶの1つのような私でも

それが、
ある世界と
ない世界は

違う世界
なのだから

posted by HANA at 16:53| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。