2014年01月21日

「継続は力なり」ということ

このブログ、最近あまり更新していなかったのですが、今年はまたぼちぼち書こうかな、と思っています。
最近TwitterもFacebookも飽きてきたし(笑)
ふと気づいたら、このブログ書き始めてから10年にもなることがわかりました。

「継続は力なり」という言葉がありますよね。

普通それは「何事も少しづつコツコツ続けていれば、長い年月の間には成果が得られる。」という意味なのだと思います。

例えば楽器を演奏することなら、毎日練習すればちゃんと上達するということだと思います。

でも私は最近、この言葉に対して、ちょっと違う解釈をするようになりました。

すなわち、どんなことでも長年続けていれば「続けてきた」という事実そのものが、自信にもなり、他人からの評価につながる、という風にです。

例えば「この仕事を30年やっています」とか「このボランティアを10年やってます」と言えば、(内容や質ははともかく)それだけで他人は「すごいですね」「たいしたものですね」と認めてくれるし、自分もとにかく「10年続けてこられた」というその事実そのものが自分の成果のように感じられる訳です。

常に自分に自信がなく、自己評価が低い私には、この指標は大変ありがたいものです。
だって、下手クソでも、低レベルでも、万年「初級」でも、後からはじめた人に能力で追い越されても、とにかく「私は10年やってるのよ」という部分では、絶対的に勝てるのだから(笑)

この尺度を持ったら、なんだか気持が楽になりました。

それをすることが何の役に立つのか、誰の為になるのか、よくわからなくても、小さなことをコツコツ続ける、ただそれだけで「意味がある」と思える。

前向きなのか、後ろ向きなのか、よくわからないですが、今後ともよろしくお願いいたします。




posted by HANA at 16:39| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。