2013年12月25日

クリスマス2013〜乳がんと闘っている貴女へ

★乳がん掲示板への投稿の引用です★

[37316] クリスマス2013 投稿者:HANA@管理人 投稿日:2013/12/25(Wed) 13:37

みなさん こんにちは

今日はクリスマスですね。

この掲示板に集う皆様の中には、乳がんという病気と直面したばかりで不安と恐怖と混乱の中にいる方、苦しくつらい治療の真っ最中の方、病気をきっかけに起こったトラブルで四苦八苦している方もたくさんおられると思います。

そんな方にとっては、クリスマス、お正月と街が華やかで浮き足立つこのシーズンは、むしろ「世間の人はあんなに幸せそうなのに、なんで私だけがこんなに不幸なの?」と、神様を恨みたい気持ちになるかもしれません。

でも、多くの先輩たちが、そんな時期を乗り越えて、今は普通に楽しく暮らしています。
そのことを知ってほしいと思います。

これを見ている方の中には、もしかしたら病気のことを職場や友人にもカミングアウトしていなくて、身近に同じ病気の人がいなくて、頼れる家族もいなくて、たった一人で病気と闘っておられる方も、いらっしゃるのかもしれません。

そんな人にとって「癌」といえば、ドラマや映画の世界でしか知らず、そこに登場する「癌患者」は、苦しんでつらい思いをして、がんばったあげくに死んでしまうものというイメージしかないかもしれません。

でも、そうじゃない人だって、たくさんいるんです。

そういう人の話はマスコミにはとりあげられません。

ドラマチックな話でなければ、ドラマにならないからね(笑)

「乳がんになったけど、たいして辛い思いもせずに、すぐに元気になって普通に暮らしています。」

そんな話では、視聴率取れないものね。だからドラマにはならない。

私は、そのことを伝えたくて17年前にこのホームページを立ち上げたのです。

最近は、リアルタイムで闘病記ブログを書いている人もいますが、そういう方の場合も病状が大変な人ほど、書く事柄がたくさんあるので、必然的に「闘病記ブログ」というとどうしても、かなり悲痛な話題が多かったりします。

中には、ブログの主が亡くなってしまって、それを「読んでこわくなってしまった」という話もききます。

でも、これも、そういうケースばかりではないんです。

「闘病中はブログを書いていたけれども、治療が一段落したので闘病ブログはやめて、これからは普通の趣味のブログにします」となった方を私はたくさん知っています。


私は、33歳で乳がんになりました。そして、51歳の今も生きています。平穏に生きています。

もちろん、人生色々。生活のすべてが順風満帆とは言えないかもしれません。

でも、人生って、もともとそんなもの。

乳がんになってもならなくても、それは同じことだったでしょう。


昨夜のイブ、我が家はツリーもケーキも無く、晩御飯のおかずは普通に「野菜炒め」でした(笑)
たぶん今日もそんな感じです。

でも、それでも私はハッピーです。

何でもない、ありきたりの、平穏な、今日という1日が、どんなに有り難く幸せなことか、知っているから、特別なことなんて何もなくても、いつもハッピーなんです。

みなさまにも、メリークリスマス!

私のこの、なんでもない1日が、誰かの希望になりますように。
posted by HANA at 13:56| 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。