2010年10月31日

春ウコン・秋ウコン

今、私がお気に入りの飲み物。

それは、「ウコン茶」。

「ウコン」と言えば、「ウコンの力」なるドリンク剤もあるように、
「肝臓にいい」ってことで、酒飲みの為のサプリとして有名。

確かに私は、「酒飲み」なのですが〜(笑)、
今、ウコン茶にハマっているのは、その効果を期待してのことではなくて、
単に「おいしい」と思って飲んでいます。

一般的に誰もが「おいしい」というような味ではなくて、
漢方薬みたいな、独特の変な味なので、「おえ〜っ」という人も多いかも
しれませんが、私は好きなのです。

きっかけは、先日、とある宮崎地鶏の店で飲んだ「ウコンハイ」が
とっても美味しかったから。

それまでも、「ウコンハイ」や「ウコン茶」を飲んだことは
あったのですが、この店のウコンハイは特に美味しかったのです。

ウコンはショウガに近い植物なので、ピリっとした感じが少しありますが、
ここの店のは、この「ピリ辛感」が強く、濃いぃ感じで、思わず
「うまい!」と言ってしまったほど、気に入りました。

それで、ウコン味に目覚めた私は、家でも「ウコン茶」を作って飲もうと思って
ネットで探し始めたのですが、調べてみると、いろいろあって迷ってしまいました。

まず、一口にウコンと言っても、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンと、
種類がいろいろあります。

秋に収穫したウコンが秋ウコンで、春のが春ウコンなのかと思っていたら、
そうではなくて、違う植物なんですって!
味も、含まれる成分も違う。よって、効用も違う。

(カレーに使う「ターメリック」は秋ウコンのほうだそうです。)

発酵ウコンなんていうものもあるし、春ウコンと秋ウコンの両方のブレンドとか、
「うこん茶」という名前でも他の材料がブレンドされているものもある。

形態も、ウコンをスライスした状態のものだったり、ティーバックで手軽なものだったり。
産地も、インド、中国、国内では沖縄。やっぱり国産が安全かしら・・・?

ウコンの味が気に入って飲むことにしたくせに、調べていると、どうせ飲むならやっぱり、
効果が期待できる成分の含有量が多くて、安全性も高くて、質の良いものがいいかしら、
なんて、欲がでてきてしまい(笑)、調べれば調べるほど、どれを選んだらいいのか、
わからなくなってしまいました。

出かけたときに、ナチュラルハウス(健康食品店)で見つけて、買おうかとも思ったけれど、
1袋の量が多くて、ためらいました。もし、飲んでみて味が気に入らなかった場合、
その量を全部飲み続けるのはつらいし、残りを捨てるのももったいない。

ちょっとずつ、お試しで飲み比べることができたらいいんだけどなあ・・・。

そうこうするうちに、すぐ近所のドラッグストアが改装して、品揃えが増えたために、
今まで置いてなかったウコン茶が、陳列棚に出現したのです(笑)

安い(400円弱)ので、とりあえず「お試し」と思って
買ってみたら、あら、十分おいしいじゃないの。

それで、あっさり解決(笑)


ちなみにウコンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用も期待できるという話も
あって、アンチエイジングな食品と言えそうです!

沖縄の人が長寿で元気なのは、ウコンを日常で摂取していることも
(沖縄に行くと「うっちん茶」ってありますね。それがウコン)関係あるのではという人もいます。

ただし、とりすぎると、逆に体に悪い(重篤な副作用)場合もあるそうです。

興味を持った方は、調べてみてください。
調べれば、調べるほど、訳がわからなくなってくるから・・・(笑)

101030_2024~0001.jpg

posted by HANA at 10:02| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

宇宙戦争?

東京スカイツリー上空に、ナゾの飛行物体、発見?!

101022_1227~0001.jpg

・・・なんちゃって。

窓ガラスに室内の電気が写り込んでいるだけです。

平和にお食事。

101022_1234~0001.jpg 101022_1306~0001.jpg
ランチの前菜とデザート。
メインの写真は撮り忘れた(笑)

posted by HANA at 07:52| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

窓猫

101029_1209~0001.jpg
あら、こんにちは。寒いわねえ。

ここね、ちょうどいいのよ。
お外が見えるしね。陽が当たってあったかいのよ。
私にぴったしサイズの場所。

え?この白いの?

スリッパ。
ほら、よく、夜行バスとか乗るとくれる使い捨てのやつよ。

なんか知らないけど、前からここにあるのよね。

やーねえ。

それじゃ、ごきげんよう。


posted by HANA at 15:02| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒の装い

昨日は、雨が一日降っていて、とても寒かったです。
高校時代の友人のお母様が亡くなって、お通夜に参列しました。

急に寒くなったのでコートはどうしようと迷い、
黒のオーバーコートを持っているのだけど、それではいくらなんでも真冬みたいなので、
薄手の裏地のないコート(フォーマルじゃないけど黒だから、ま、いいか)
にしたのですが、やっぱりそれでは寒かった!

一緒に行った友人は、中綿の入ったコートを着ていて、手袋も持ってきていた。
それで正解。

まあ私も、喪服の下にババシャツ(上下)厚手のタイツ、ウールのストールと
細かい武装はしていきましたから、なんとか風邪引かずに済みました。

それにしても、今年は喪服着る機会が多いなあ・・・。
今年後半になって、しまったと思ったら、また出す感じです。

それほど近しい人の場合でなくても、
葬儀って、なんだか妙な部分でエネルギー消耗して疲れます。

はあ・・・



posted by HANA at 11:36| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

イルカとおはなし

変な夢を見た。

水(海?)の中に街があって・・・というと、
ファンタジーな映画みたいな光景が目に浮かぶかもしれないが
そんなオシャレなものではなく、昭和レトロな観光地みたいな、
さびれた感じのところだった。

私は地上で何者かから逃れてきて、水に入ったのだが、
(↑この部分の夢もあったのだが、どんなだったか忘れた)
水の下の待合所にいて、乗り物を待っている。

水の中だけど、普通に息もできるし、他にもたくさん人がいて
にぎわっている。

すると地震が起きて、待合所の建物(掘っ立て小屋)が倒れそうに
なったので、そこから出る。

「海の中で地震がおきると、こんな風なのか〜」などと思っていた。

まだ乗り物は来なくて、ヒマなのでぶらぶらしていると、
昭和な店の店先のアイスクリームボックスに、
「純チョコアイス」があるのが見え食べたくなる。

しかし純チョコアイスに見えたのは、チョコではなく「あずきバー」だった。
「でも、ま、いいや」、と買う。130円だった(笑)


・・・そこで一旦途切れる(目が覚めたのか?)・・・


次の場面。またも水なのだが、今度は水族館のような感じで、
ガラスの向こうにイルカがいて、こちら側に私がいる。

イルカが白いシール(貝?)みたいなものをガラスに貼り付けて、
それでなにか絵を描いて、私に見せてくれているようだ。

シールの形は丸とかいろいろで、時々星型も混じっている。

自分(イルカ)の体よりも大きなハート型を作ってくれた。

そして、星型のシールの1つに鼻先(くちばし?)をくっつけて、
『ここから何か話して』と言っているようだ。

そこで私は、その星型のシールのところに顔をくっつけて、
イルカと何か話したのだが・・・・

何を話したのだろうか?

忘れた;


寝ていて寒かったので「水」に関する夢を見たのだろうか。

オネショはしてないですよ(笑)


posted by HANA at 11:27| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

和太鼓ヒーリング?

この前、和太鼓のコンサート(発表会)に行って、
ブログにこんなことを書きました。

金の太鼓・銀の太鼓(2010年10月18日)
|演奏の間中、音の波動が体に入ってきていて、低周波マッサージみたいで
|気持ちいい〜のです(笑)

|セロひきのゴーシュじゃないけど、太鼓の波動に長時間「あたって」いたら、
|病気治るかも、とおもいました(笑)

|細胞が活性化されてる、たぶん・・・


これ、半分冗談で書いたのですが、その後にたまたま読んだ本に、
これを裏付ける(?)ようなことが書いてありました(笑)

いのちと気ー意識を高め、病気を超えるー
天外 伺朗 , 矢山 利彦 (著)
・・・

矢山:天外さんはCDを作った名技術者でもあるから、聞こえない音が無意識のレベルにシグナルを出しているみたいな秘密をご存知なんでしょ?

天外:僕がCDを作った1980年ごろは、人間の耳には20kHz以上は絶対に聴こえないと言うことが一般常識だったのです。実際に聴こえますか聴こえませんかというテストをすると20kHz以上の音は絶対に聴こえません。だから、CDに録音している音は20kHzより上の周波数をカットしています。

ところがその後、20kHz以上の周波数成分によって脳波が変わることを発見した人がいたんです。だから、バリ島のガムラン・ミュージックみたいな超音波を一杯出している音楽をCDにすると、明らかに違うわけです。後に気功をやるようになって、僕自身の感覚も鋭くなっていきましたから、それは確かにあるなと思っています。そういう意味では罪を作ってしまったのですが。

音楽はライブが一番いいんです。音を缶詰にするとみんなダメになってしまいます。まぁー、今のスーパー・オーディオCDは100kHzまで出していますから、まだいいのですが。やはり超音波成分も十分にいろいろな影響を人間に与えていることが、サイエンスの領域でわかったといういことです。

矢山:実験と論理で常識が変わったいい例ですね。手を叩くよりも、机を叩いたほうがより超音波が出て、効果があると。

天外:太鼓もいいですよ、相当超音波がでていますからね。

・・・・・


私は超音波が聴こえたわけではなくて(笑)、単に、太鼓が出す空気の「振動」を感じて
それを「音の波動」という言葉で表現したのでしたが、

「気持ちいい〜」と感じたのは、空気の振動のせいだけじゃなく、
「聴こえない音」が本当に体に作用していたからだったのかもしれません。


※ちなみに私は「超音波」「低周波」「波動」という言葉を、
 科学的な正しい意味を理解せずに、 テキトーに使っています。
 興味がある方はちゃんと調べてくださいませね(笑)


posted by HANA at 10:20| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

寝言?いびき?

これ、寝言?いびき?ひきつけ?ひゃっくり?遠吠え??

にゃーーぉぉぉ って言ってない?(笑)

ぷくくくく。かわいすぎる〜ぅ。

posted by HANA at 16:55| 動画クリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイート3題

どーでもいい話3つ(笑)

【その1:バスソング】

バスの中で誰かの携帯が鳴った。軽快な着メロ。

あ、これ何だっけ?知ってる音楽だなあ・・・。

! トトロで猫バスが出てくるときの音楽だ!

いいなあ。こんな着メロあるんだ〜。
でも、トトロだったら、私は、木のテーマ(?)がいいな。

【その2:猫スキャナ】

クロネコヤマトの宅急便に集荷を頼んだ。
お兄さんが持っていたハンディタイプのスキャナ(バーコードリーダー)で
伝票を読んだときに、その機械から、

「にゃ〜」

と声(音)がした。

思わず条件反射(?)で、私が、

「にゃ〜!」

と言ってしまったら、お兄さんに笑われた(笑)

【その3:籠人】

前を歩いていた男性のTシャツの背中に
「籠人魂」って、でっかく書いてあった。

よく沖縄のお土産で「海人」(うみんちゅ)ってのがあるけど、
「籠人」って何なんだろう?

「かごかき」(江戸時代?)とか「箱根山越え」とか
変なものが一瞬頭に浮かんだ(笑)

気になって、近寄ってみると、小さな英字で
BASKET BALL なんとかかんとか・・・って書いてあった。

あ。なるほど!!

posted by HANA at 08:51| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

Kitacaのモモちゃんブログパーツ

JR北海道のICカードKitacaのキャラクター
エゾモモンガ(名前はない)のブログパーツを
このブログの左側(記事検索の下)に設置してみました〜。
(誰よりも、自分が遊びたいからなんだけど)

モモちゃんをポチっと押すと、枠から飛び出してきます。

襟首をつかんで、ぶらんぶらーんと持ち上げたりできます。
じたばたじたばたする様が、超〜可愛いの(笑)

そして、離すと、「ヒラヒラ〜ヘロヘロ〜」と滑空します(爆)

ほかにもいろんな動作するみたい。

いぢってみてください。


■このブログのKitaca関連記事
http://lohas87.seesaa.net/article/165865992.html
http://lohas87.seesaa.net/article/165998167.html





posted by HANA at 19:12| お気に入り・おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

およそ「あたたかい」と感じられるものの中でももっともあたたかなもの

石井ゆかりさん主宰の「筋トレ」という
あまりにも星占いのサイトらしくない名前の星占いサイトの「週報」によると、

今週の「天秤座」は、

・・・・

続けてきたいくつかの作業が収束し、
そこに、深い相互理解が生まれそうです。
この数ヶ月、やたらに忙しかったり、
入れ替わり立ち替わりべつのプレッシャーが入り込んでくることで
常に緊張感を感じていた人も多かったのではないでしょうか。

今週、そんな緊張感のいくつかがすうっと抜けていき、
少し落ち着いたところで
誰かから、あたたかく熱い「承認」を受けられそうな気配があります。

ひとりぼっちだったような気がしていた人も
そうではなかったことが、解るだろうと思うのです。

ずっと疑ったり、不安に感じていたその人の気持ちを
今週、ハッキリした形で確かめられるかもしれません。

およそ「あたたかい」と感じられるものの中でももっともあたたかなものを
今週貴方は、誰かから、
その手に受け取れるのではないかと思います。


・・・・

『この数ヶ月、やたらに忙しかったり、
入れ替わり立ち替わりべつのプレッシャーが入り込んでくることで
常に緊張感を感じていた』

これは、めちゃくちゃ当たっている。

とすると、今週の私は

『およそ「あたたかい」と感じられるものの中でももっともあたたかなものを
誰かから、その手に受け取れる』

はずなのですが、

『およそ「あたたかい」と感じられるものの中でももっともあたたかなもの』

って、何でしょうね????


そういう気配は今のところない。

楽しみに待っているのですが・・・(笑)

posted by HANA at 10:03| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

みんな捨ててどこでも行く、なんだってやる

時々、今の自分の環境、状況、自分自身の在り方について
ふと「私の人生、こんなんでいいんだっけ?」
と、立ち止まって考えてみることがある。
(誕生日とか、お正月とか、節目のときなどに)

若い頃は、
「もっと他に私にはやるべきことがある気がする」とか
「こんなことしてる場合じゃないんじゃないか」とか
常に焦りがあった。

今はさすがにそういうことはないのだが、
いくつになっても(もう50も近いというのに)未だに、

デカいスケールで生きたい。
うーんとバカなことやってみたい。

という気持ちは捨てきれない(笑)

たとえばある日突然、バックパック1つで飛行機に乗り、
世界を放浪するとか、

出家します、と髪を下ろして山にこもる、とか

トライアスロンに挑戦します、とか、

まあ、かなり無理があるけど、できないことじゃない。

『いやあ〜、そんなこと。
 もう歳だし、家庭があるし、お金ないし、体力ないし・・・
 できないよ。』

と言ってしまえばそれまで。

でも、
やりたいけど、やらない、のと、
やりたいけど、できない、のは話が違う。

「できない」から「やらない」と言うのは変なのであって、
できるか、できないかは、やってみなけりゃわからない。

あとは、やるか、やらないか、自分の問題だ。

本当にやりたくなったら、やるよ。あたしゃ(笑)

いざとなったら、
「みんな捨ててどこでも行く、なんだってやる」
 ※これはユーミンの「ナビゲイター」という歌の歌詞です。


でもね、行かないの。

今は、ここに、いたいから。いるの。

今、ここにある状況は、自分が作り出した最上のものであって、
私はそれを楽しんでいるのだから。

この、なんでもない、平凡な日常を。

・・・そんな風に思えるようになったのが、若い頃とは違うところかな。


posted by HANA at 13:32| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

2010年10月16日のスカイツリー

今、東京スカイツリーの写真を近くで撮ると、こんな感じなのですが・・・
↓↓
stIMGP1917.jpg

まあ、こんな写真は他の人にまかせて、ワタクシ的には、
久々「クレーン萌え」シリーズでいってみたいと思いま〜す!

stIMGP1922.jpg
↑↑↑
この人だかりは、通行人じゃなくて、見物人なんです。
この場所、去年の4月に行った時の写真が下のページにあるのですが
見比べてくださいね。去年は・・・なんと、のどかだったことか(笑)
↓↓↓
http://lohas87.seesaa.net/article/118465955.html

去年はまだ「タワー」の「タ」の字もできていなかったので、わざわざ見物に行く人も
いなかった訳ですが(わたしはクレーンを見に行ったの)、今は完成はしていなくても
もうすっかり「名所」になっちゃってますものね。

stIMGP1926.jpg

この日は土曜日でしたが、工事は行われていて、クレーンもちゃんと稼動していました。

stIMGP1927.jpg

下から資材をつけて、上まで上げていきます。割と早いスピードです。
でも、1回にこんなちょっとしか運べないものなのかな?

stIMGP1932.jpg

あと、これ、風が強い日だったら、ぶらーんぶらーんと揺れて、
本体(ツリー)に当たっちゃったりしないのだろうか?
と、いらぬ心配(笑)

stIMGP1916.jpg

この写真も気に入っています。
「電線が邪魔!」と思う人もいるでしょうが、私、電線も好きなので〜(笑)

そのうち東京も、電柱・電線がなくなって、こんな光景も「懐かしい」って
思う日がくることでしょう。

posted by HANA at 09:59| クレーン萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

金の太鼓・銀の太鼓

snapshot-1287355916.460708.jpg

昨日は和太鼓「蓮」主催のチャリティ発表会でした。
「鼓腹撃壌」Vol.2

受付のお手伝いをしたので、最初のほうは見られませんでしたが、
途中から、といっても、3時間たっぷり、みなさんの演奏見れました。

写真はオオトリ。先生たちの演奏。
2つの太鼓の色が違って見えますが、じつは色がついている訳ではなくて、
ライトの当たり具合で、金と銀に見えました。カッコイィ〜

私は太鼓のこと全く知らない(&音楽のセンスなし)ので、
どういう演奏が上手いのか下手なのか、いいのか悪いのか、
全くわからないのではありますが、

昨年の同じ頃、この発表会の第一回目も見ていて、そして
今回も見て、全体的にみなさんレベルアップしたなあ〜と感じました。

「発表会」って、自分の家族や親戚友人などが出演すると
見に行くことがありますが、自分の知ってる人以外の部分は、つまんなくて、
飽きてきちゃうってこともありますよね(笑)

でも、ここの発表会は、全体的な構成とかもよく考えられていて、
(途中に太鼓以外のゲストや寸劇が入ったり)
衣装や動きなどのパフォーマンスも、見るものを飽きさせない工夫があり、

なにより、60歳以上の方ばかりのチーム、子供と大人(親子含む)が混じった大所帯、
障害をもった子供達のチーム、太鼓歴のまだ浅い人とベテランが一緒に演奏するチーム、
など、個性豊かな演奏で、それぞれにひきつけられるものがあって、楽しいのです。

あと、7月に、中国で屋外での演奏も見たのですが、
そのあとに屋内のホールでの演奏を見てみると、
私は屋内の方が好きだなあと思いました。

視覚的には、野外の広々とした場所での豪快な演奏は、開放感があって、
見ているほうも、たぶん演奏者も、気分爽快だと思いますが、

体感的には、屋内のほうが、太鼓の音の振動が体に大きく伝わってくるので
心地よいのです。

演奏の間中、音の波動が体に入ってきていて、低周波マッサージみたいで
気持ちいい〜のです(笑)

セロひきのゴーシュじゃないけど、太鼓の波動に長時間「あたって」いたら、
病気治るかも、とおもいました(笑)

細胞が活性化されてる、たぶん・・・




posted by HANA at 08:32| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

続・kitaca!

kitaca.gif

ICカードkitacaの話。続編です。

 kitaca!
 http://lohas87.seesaa.net/article/165865992.html

昨日の疑問。調べました。

Q:kitacaは何の略?

A:JR北海道のカードなので。単に「北」のカードということでキタカだって。割と単純(笑)

 Suicaなんて"Super Urban Intelligent Card" ですよ。
 まあ、これも「こじつけ」っぽいけどね。


Q:キャラクターは?

A:エゾモモンガ。名前はない。作者は「そら」さんというイラストレーター。

Q:モモンガとムササビの違い

A:下記参照。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314456193


【一部引用】

『ムササビ』と『モモンガ』の主な違いは、両者の体の大きさと、滑空するのに必要な『飛膜(皮膜)』の付いている位置ではないでしょうか。

(中略)

滑空の仕方も、ムササビは「ブゥーン!」という感じで、まるで座布団が飛んでいるよう感じを受けるそうですが、
モモンガは、まるでハンカチが落ちるように、「ヒラヒラ〜ヘロヘロ〜」と滑空するのだそうです。



・・・

『ヒラヒラ〜ヘロヘロ〜』なんか力が抜けてて、いいなあ(笑)


あ、そういえば、「動物のお医者さん」でエゾモモンガのエピソードがあった。

漆原教授が保護していたエゾモモンガ。
学生のみんなが「可愛い!」「飼いたい〜!」というのに対し、
教授が「それにはペットとして致命的な欠点がある!」という。
「だから外にして遊んではいけない。大変な目にあうぞ〜」と忠告するのだが、
学生は「こんなに可愛いのに!教授はいじわるしているんだ!遊びたい!」とかなんとか
言って、部屋に放してしまう。

そして、その欠点とは・・・・?!

「動物のお医者さん」コミックスを読んでね!(笑)

・・・

Kitakaグッズは北海道に行かなくても、ネットで買える。

ほ、ほしい。

Kitaca タッチアンドゴー
http://www.e-hkiosk.jp/catalog/product_info.php?products_id=212

Kitaca クリーナーストラップ
http://www.e-hkiosk.jp/catalog/product_info.php?products_id=182


でも、こうやって調べているだけで、結構満足してしまったので、
たぶん、買わない(笑)

(変な性格;)

posted by HANA at 07:01| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

観音様とスカイツリー

101016_1310~0003.jpg

また雲の話です(笑)
撮影場所は浅草寺(浅草観音)境内。

この雲は、天女かな〜と思ったけど、
場所柄、やっぱり観音様でしょう。

(なぜこれが観音様に見えるの?)

(・・・イマジネーションの問題です!)

左側に写っているのが新しくなったお寺の屋根(チタン製)。
右にはスカイツリー。

いやいやいや。それにしても今日の浅草は人が多くてびっくり。

「なにこの混雑!お正月じゃあるまいし。お祭り?縁日?」
(なにもありません・・・たぶん、スカイツリー人気)

かく言う自分も、このあと、スカイツリーの方に歩いていって、
いっぱい写真も撮ったのですが、それはまた今度。

posted by HANA at 21:56| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kitaca!

浜松町のモノレールきっぷ売り場のところにあった表示。
「各地のICカードが使えますよ」っていうことを表したもの。

101015_1401~0001.jpg

前にICOCAのイコちゃん(ICOCAカードのキャラクターの「かものはし」)
のことを書いたが、イコちゃんはカード上にはデザインされていない。

 ICOCAのイコちゃん
 http://lohas87.seesaa.net/article/145831216.html

かわいい!ほしい!と思ったのが、北海道のKitaca(キタカ)。
ムササビ?ももんが?あれ、ムササビとももんがって違うんだっけ?
いや、たぶんこれは「エゾモモンガ」なんんだろう。

101015_1359~0001.jpg

JR北海道のページ見たら、このモモンガがいっぱい〜。きゃーかわいい。

 JR北海道
 http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/

このモモンガには名前があるのだろうか?Kitacaは何の略?
調べたいけど、今日は出かけるので、ゆっくり見てる時間がない。
帰ってきたら、ゆっくり見よう・・・。

posted by HANA at 06:58| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

誕生日プレゼント

そうそう。
夫がね、誕生日のプレゼントを買ってくれたのですけれどもね。
誕生日よりも1ヶ月以上も早く前に。

それが、このipod touch。
一見、ipadもiphoneもipod touchも同じに見えますが。
podはもともと音楽聴くのがメインのものです。

101004_2059~0001.jpg
(この前、森のイスキア前で撮った写真)

でもこれ、私がリクエストしたんじゃないんです。
私はどうせ買ってくれるならば、携帯を新しい機種にする
ほうが良かった。

2ヶ月前くらいに、彼が「ipod欲しくない?欲しくない?」と
何度も聞いてくるので、
「別にいらない〜。音楽きくならウォークマンあるし、
買うならiphoneの最新版がいい」
と答えていたのですが、いつのまにか買ってしまっていた;
わたし用にと。後ろに刻印まで入れて。(笑;)

自分が欲しいなら、自分用に買えばいいのに。
彼はiphoneもipadもipodもすでに持っているので、
これ以上持ちたくないから、私に与えておいて、自分が
新機種をちょっとだけいじってみたい、と思ったのでしょうか。

結局、私は、「誕生日プレゼント」として、(無理やり)
ipod touch を持たされてしまいました。

うれしいような、うれしくないような・・・

これ、写真も動画も取れるし、ネットできて、アプリも入れられて、
単なる音楽プレーヤーではないので、使いようによっては便利だろうと思います。

外でもネット(無料の公衆無線LAN)がつながる場所がもっと多ければ
便利さを実感できると思うのだけれども、今のところ、あんまり・・・

あ、でも、動画が手軽に撮れるのは、講演の練習するのに役に立ちました。
カメラを自分側にして、画面見ながら録画できるので。
(私のデジカメの動画撮影だと、自分で自分を撮るのはむつかしいのです)

ちなみに、これで音楽を聴いたことはまだ一度もありません(笑)


posted by HANA at 08:13| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ごろごろ、にゃ〜ん。

ひさびさに、タバコ屋さんの看板猫を激写。

ごろごろ、にゃ〜ん。

なんとも、シアワセそうです(笑)

101014_1000~0001.jpg

自転車がガラスに映りこんでしまっていて、
わかりにくいのですが、↓下の写真をよ〜く見てください。

寝転んでいる猫の背中あたりに、かすかに何か見えませんか?

101014_1001~0001.jpg

・・・背後霊みたいに、茶トラの猫が後ろにいるんです。

ぷぷぷ。

こちらの猫の寝姿も以前、撮影しています。
↓↓↓
http://lohas87.seesaa.net/article/122064663.html

posted by HANA at 13:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「食べて、祈って、恋をして」

レディスデイ1000円で、「食べて、祈って、恋をして」を見て来た。

それなりに面白く、引き込まれ、ほろりと涙をこぼしたりしたシーンもあったけど、
終わって冷静に考えてみると、なんだか強引なストーリー展開で、
主人公の心情や行動がちっとも理解できないなあ・・・とおもった(笑)

これは前評判どおりで、この映画には原作があるのだが(確か実話・エッセイ)、
その肝心の部分・・・主人公のスピリチュアルな成長の過程(?)・・・が
映画では省かれていて、単に、イタリアで食べる、インドで祈る、
バリで恋をする、という旅先の風景やエピソードを「見せる」ところに
ポイントが置かれていて、内面的な部分の描写はテキトーな感じ。

旅に出る前の主人公が抱えていた問題・悩みが何なのか、
旅の結果、手に入れたものが何だったのか、ということが、イマイチわからない。
共感できない。

エンターテイメントとしては、内面的な修行の部分を延々とやってもしょうがないので
これはこれで良いのだろう(笑)

ジュリア・ロバーツ綺麗だったし、イタリアもインドもバリ(インドネシア)も、
ちょっとディープな観光案内って感覚で見れて、楽しかった。

ラストシーンのセリフは、しゃれがきいてて好きだった。

ストーリーとしては全然納得できないのに、飽きさせず2時間半も見せて、
それなりにスッキリ見終われるのだから、それはそれですごい映画かも(笑)

posted by HANA at 08:10| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

2010102

最近あんまりテレビや新聞を見てなかったので、わからないが、
2010年10月10日というのは、記念切符が発売されたとか、
郵便局の消印がどうとうかとか、話題になったのだろうか・・・

ふと、気づいたのだが、
私にとって思い出深い日になった、2010年10月2日は
2010.10.2→2010102

上から読んでも、2010102
下から読んでも、2010102

であった。

テレビといえば、ゲゲゲの女房終っちゃったし、龍馬伝も
なんか、飽きてきちゃった(笑)

(めったに連続テレビドラマ見ない私が、久々に見続けた番組
だったのだが)

あ、そうそう「ブラタモリ」復活!が、この秋のテレビでは
うれしいニュース。ブラボーー!!
posted by HANA at 10:37| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。