2010年07月29日

天国はどっち?

100726_1255~0001.jpg

数日前、庭で、羽化する前のセミを見つけました。
地面をもぞもぞ這っていました。

庭といっても、セミがいたのは花壇になっている部分ではなく、
草も木もない自転車置き場のところで、そんなところでは
つかまるものもない。このあと、どうするんだろ?

と、思って、少したってから、また見に行ったら、
土の上で仰向けにひっくり返っているではありませんか。

死んじゃったのかな?と、つついてみたら、まだ動く。

そっとつまんで、枇杷の葉っぱのところに
乗っけてみたら、つかまる体力もないみたいで、
ころげおちてしまった。

しかたなく切り株のところに置いておいたけど、
翌日みたら、もう全然動かなくなっていた。

セミは7年間土の中で過ごして、
地上に出たら7日間で死んじゃうっていうけど、
このセミは、やっと地上に出てきたのに、
羽化する前に死んじゃうなんて・・・。

気の毒な気もするけれども、

でも、

どうなんだろう?

人間のイメージ的には、真っ暗な土の中で幼虫のまま
何年も生きるというのは、「日の当たらない不屈の時代」で、
地上に出て成虫となることは「華々しい生」「命の本番」である
ように思う。

でも、セミにとってはもしかしたら、地中の7年間の生活は
たいした苦労もせず、ぬくぬくと静かに生きられて、
そっちこそが「天国」なのかもしれない。

もし羽化したら、あとは1週間、暑い中をジージージージーと
狂ったように鳴き続け、必死に婚活(?)

地上に出てこれたってことは、少なくとも地中の7年間の
生活を全うすることはできた訳で、まだ彼はラッキーなほう
なのかもしれない。

その人(動物)にとって何が幸福かなんて、
他人からは計り知れない・・・。

posted by HANA at 09:26| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

時間をはずした日

100718_0800~0001.jpg

自分を縛っている「思い込み」を

手放して、

手放して・・・

何ンにもないところから

また、

はじめてみる


posted by HANA at 23:35| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

美輪さま!

今週届いた生協(パルシステム)のカタログを見て、ぶっとんだ。

きゃー、美輪さまではありませんか!
100723_1811~0001.jpg

インタビュー記事のテーマは「戦争の正体、本当の平和」。
トレードマーク、まっ黄色の御髪。
お召し物は、テーマに合わせたのでしょうか、
世界地図がプリントされています。
ピンクのバラと胡蝶蘭に囲まれて、ゴージャスな雰囲気。

繰り返しますが、これ「生協のカタログ」ですよ(笑)

なんで〜??とおもったら、なんと、
美輪さま、パルシステム組合員なんだそうです。

さすが、パルシステム!!
はいってて良かった!(笑)

「幸福になるなんて簡単。
今の自分に感謝できることを探せばいいのよ。

今の自分の存在に満足すればいい。
今の人は不平不満ばっかり探して不幸になっている。

ほら、ごはんも食べられるじゃない、
歌も歌えるじゃない。

そうできない人が過去にたくさんいたということを
忘れちゃいけませんよ」



posted by HANA at 12:27| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

納涼グッズ

梅雨が明けてから、連日の猛暑。群馬では最高気温38.9度・・・って

なんじゃそりゃあ〜〜;;

午前中から30度越しちゃうので、クーラーはやっぱりつけてしまいます。

頭脳労働(仕事)には、クーラーなしはとうてい無理。まして、パソコンは熱を発する!

あれ?そういえばパソコン用のクーラーがあったのだっけ。と押入れから出してきました。(存在をすっかり忘れてた)

↓こんなのです。クーラーといってもファンが回って風を送るだけなのですが、ないよりはましです。
100721_1116~0001.jpg

肉体労働(家事)では、少し動くと汗だくなので、シャワーを浴びるのがいちばん。

そういえばこんなのがあった(去年の残り)。「爽快バブシャワー」。

100721_1036~0001.jpg

これ、とてもいいです。ボディソープではなくて、入浴やシャワーの最後に、これを体につけて、シャワーでざっと流してから出る。

すーっと清涼感があり、パウダーが入っているので、湯上りの肌がサラサラになります。

他にも何かあったかなあ、納涼グッズ。

暑さが増すごとに、次々思い出してくる・・・(笑)
posted by HANA at 15:45| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

カレーを辛くする方法

昨日、「今日はカレーにしようかな」と言ったら、
「LEEの辛さ20倍がいい」、と夫がのたもうた。

彼は最近これが気に入っている。相当辛い。

私も結構辛いもの好きだが、20倍LEEを食べたときは、
一口食べては、ヒーハーヒーハー、汗ダラダラ。
美味しさを味わうなんてことはできず、
罰ゲームとしか思えなかった。

それで、2回目に買う時は夫は20倍。私は10倍を選んだ。
レトルトカレーなので、それぞれ選べる。

今回もそうしようかなと思ったけど、
10倍はたいしたことないので、15倍っていうのはないのかな?
調べると、夏季限定30倍というのがあるらしいが、15倍はない。

それじゃ、10倍と20倍を1袋ずつ買って混ぜて
半分に分けたらいいんじゃない?
・・・なんて話になった。

そしたら、夫が「じゃ、肉をいっぱい足して」なんて
いうので、そんなことするくらいなら(どうせ鍋を汚すなら)
レトルトをわざわざ買いに行くのではなく、
家にある材料でカレーを作ろう、と思った。

そしてネットで「カレーを辛くする方法」を調べた。

辛くする方法(材料)はいろいろ見つかった。

・一味唐辛子(レッドペパー)
・ブラックペパー
・鷹の爪
・青唐辛子
・豆板醤
・タバスコ
・ガラムマサラ
・CoCo壱番屋の「とび辛スパイス」

同じ「辛い」でも、辛さの種類が違うので、あとは好みの問題。

家にあるもので、一味唐辛子、ブラックペッパー、ガラムマサラを
味を見ながら、それぞれ少しづつ足していった。

この3つの中で辛味が一番強いのは一味唐辛子だが、
辛いのがいいからといってこればかり多く入れると、味わいとしては
深みがなくなる気がした。

私はブラックペッパーの辛さ、ガラムマサラの風味が好きなのだが、
どれか1つの特長がですぎないように、量を加減した。

結果、何を足したのかよくわからないけれども、全体的に辛さが
増した感じになった。

もしかして山椒を入れてもよかったのでは?なんて後から思った。

ルーはお気に入りのパルシステムのスパイシーカレールー。
http://lohas87.seesaa.net/article/128603409.html

香辛料はたくさん入れて辛くしたが、しょっぱさは抑えるために
牛乳を加えてまろかやさを足した。

うまかった!!

我が家の場合は2人とも辛いのOKなので、煮る段階で香辛料を
足しているけれども、子供とか辛いの苦手な家族がいて、
自分だけ辛いの食べたいという場合は、出来上がったカレーに
辛いのをかけるという方法をとっている人も多いようだ。

posted by HANA at 15:35| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

図書貸し出しカード

このまえ、ジブリ映画「耳をすませば」をテレビでやっていた。
じっくりと全編見たわけではなく、途中を少し見ただけだが、
今までに2、3回は見ていると思うので、だいたい
ストーリーはわかっている。

中学・高校時代、本ばっかり読んでるヲタク少女だった私には
なかなかこの話には、きゅんとくるポイントがいっぱいある(笑)

中でも、自分が図書館で借りる本、借りる本に、
先回りするように同じ人の名前が書かれている・・・
というエピソードは、憧れの骨頂。

この設定は、「耳をすませば」以前に、
すでに当時(約30年前ですね;)のマンガに描かれていた
シュチュエーションなのである。(男女が逆だけど)

それは内田善美の「空のいろににている」。

「耳をすませば」をみて「空のいろににている」を
思い出した同年代の人はたくさんいるだろう。

内田善美という人は、伝説の漫画家って感じで、
その後なにやらあって自ら筆を折り、
自分の本はすべて絶版にしてしまったらしい。

実は男性だったとか、いやそうではないとか、
いろんなウワサがあるが、
まあ、そんなこともすべてひっくるめて、
あの緻密な画や繊細なストーリーを描いた
作家さんらしい・・・という気はする。
(大人になった今の自分が考えてみれば)

「耳をすませば」も、結構昔の話なんだろう。

だって今のたいていの図書館はデジタル化されていて、
自分の貸し出しカードと本についているバーコードを
「ピッ」とやるだけだから、
本に、借りた人の記録なんて書いてないもの。

あんなストーリーは成り立たない(笑)

(学校ではまだあの方式なんだろうか??)

そういえば、昔の図書館の本には、貸し出しカードを
入れる小さいポケットみたいなのがついていた。
今は、そんなのも、ないもんね・・・

と、思っていたら、

なんと、今、自分が図書館から借りている本の中に、
この「ポケット」がついている本があったのでした。

もちろん、もう使われていないけれども。

100712_2023~0002.jpg

なっつかしぃー。

posted by HANA at 17:42| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

中国みやげプレゼント

メルマガ「乳がんトピックス」123号(2010.7.10発行)にて、
『中国みやげプレゼント』のお知らせを掲載致しましたが、

プレゼント品はこちらです。
100710_1837~0001.jpg
上海万博のマスコット「海宝(ハイバオ)くん」の携帯ストラップです。
海宝くんだけだとイマイチなんですが(笑)、これは
小さいパンダちゃんが一緒にいるのが可愛くて気に入りました。

お尻がキュートでしょ?(笑)
100710_1839~0001.jpg

こちらを1名様にプレゼント致します。
応募多数の場合は抽選で。締め切りは7月18日(日)

今回は特別に・・・
(テレビショッピングか?)

ワタクシのハンドパワー手(パー)ぴかぴか(新しい)を注入してお届けします(笑)

尚、今回の応募は「メルマガ読者限定」とさせていただきますが、
メルマガの登録はとっても簡単、メールアドレスを入力するだけ。
もちろん無料ですので、

「メルマガがあるなんて知らなかった〜」
という方は、この機会に登録して、プレゼントに応募してくださいね。

メールマガジン「乳がんトピックス」
メルマガ登録はこちらから。
↓↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000250541.html

プレゼントの応募はこちらから。
メルマガ登録したのと同じメールアドレスで応募してください。
(そうでないと無効になります)
↓↓↓↓
http://form.mag2.com/phocomiwre

・・・て、

あからさまに、メルマガへの勧誘なんですね。
すみません(笑;)

でも、「当たるかな?」という期待感は、
きっと免疫力アップにつながると思うのです。

もしも当たらなくても、抽選までの間のワクワク感は、
応募されたすべての方に、もれなくお楽しみいただけますので!!


posted by HANA at 10:59| 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

幸せは取りに行け

IMGP1506s500.jpg
(上海万博 ウズベキスタン館)

友人が所属する和太鼓チームの公演にくっついて
上海と杭州に行って来ました。

あちらもまだ梅雨で、スカッとしない天気でしたが、
とにかく蒸し暑くて参りました。

ちょっと動けば汗だらだら。ハンカチもすぐびしょびしょ。
意識は朦朧。

IMGP1540s500.jpg
(「和太鼓 蓮」の上海万博での演奏)

私たち応援組は、ただ暢気に見ているだけでも、暑くて
頭がボーっとしてくるくらいなのに
演奏するみなさんは(結構年配の方も多いのですが)
その暑さのなかで、全身を使って太鼓を演奏するのですから
本当に大変だったと思います。
演奏の前後には、太鼓を運んだり、梱包を解いたりなどの
力仕事もあります。

プロの演奏家という訳ではなくて、みなさん、他にお仕事を
持ちながら趣味で太鼓をやっている方々なのです。

ぐうたら人間の私などから見ると、正直、
「わざわざこんな遠くに来て、これほど大変な思いをしてまで
演奏したいものなのかな?」などと思ってしまうのですが・・・(笑)

でも、みなさん本当に元気で、明るくて、楽しそうでした。

好きなことに打ち込んでいる人の素敵な笑顔。
さわやかなパワー。

そんな中に身をおいた4日間の旅。

単なる観光旅行とは一味違う、素敵な体験でした。


どこかへ行く
何かをする

好きなことをするために、時にはいろんな犠牲も払う

遠い、疲れる、暑い、めんどくさい、
トラブルにあうかもしれない、

家にいて、何もしないで、のんびりしているほうが、
ずっとラクなんだけれども、

それでは、あんな素敵な笑顔にはなれないだろう。


「幸せは自分から取りに行け!」

それが、この旅から私がもらったメッセージでした。


posted by HANA at 12:08| 旅行・イベント・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。