2010年01月31日

ブルームーンの月虹

昨日は満月でした。

それも、ただの満月ではなくて俗に言うブルームーン。
一ヶ月のうちに2回満月があるときの2回目の月をブルームーンといいます(諸説あり)。

そして昨日は「月が地球に今年1番近づく日」だったので、「今年一番大きな(大きく見える)満月」。

それと、今は火星も地球に近くなっているとのことです。
28日に最も接近、そして30日は「衝」。
「衝」というのは、惑星が地球から見て欠けないでまるごと見える状態のことらしいです。月で言えば満月。だから火星なら満火星?(笑)

国立天文台 ほしぞらカレンダー
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/phen2010plus.html

・・・そんなこんなで、1月30日の月は見なくちゃ!とは思っていたのですが・・・・

夜10時頃に南東のほうに見たときは、雲も無く、綺麗に満月が見えていて、その少し左上に、赤く火星もはっきり見えていました。特に「大きい」とは感じませんでしたが、とても明るくて美しい月でした。

夜中12時頃布団に入ったのですが、ちょっと気になって、「もう一回見ておこう」と2階のベランダにでました。

そうしたら、南の高い空に・・・

あれれれれ???? これ、何? どうなってんの?
という光景が・・・。

それが下の写真です。

bluemoon.jpg

月の回りに丸い輪っかが見えているのです!(これ太陽じゃなくて月です)

最初、目の錯覚か、眼鏡が曇っているのかと思いましたが、そうではなく、どう見ても、ちゃんと白い輪があるのです。
10時頃とは違って、その時には空全体にごく薄いフィルターのようなモヤがかかっていて、そのフィルター越しに月が見えていて、光の加減でそのように見えている感じです。

カメラには写らないかもしれないし、カメラを取りに行っている間に消えてしまうかもしれない、どうしようと思いましたが、ダメモトでカメラをとりに行き写してみると、輪はなんとか写せました。私が見始めてから30分くらいで薄くなって消えてしまいました。

この写真では、輪が少し虹色がかって見えますが、肉眼では白でした。

また、私のカメラではこれ以上引いて撮れなかったので、輪が欠けてしまっていますが、実際は月を囲んでまん丸の円だったのです。右上に小さくポチっとあるのは、火星かもしれません。(もやのせいか赤く見えなかった)

去年、山などで起きる「ブロッケン現象」というものを知ったのですが、それに近いような気象現象ではないかと思いました。

今朝になって調べてみたら、これはどうも「月虹(げっこう)」という現象らしいです。名前のとおり月の虹です。

虹色実験室というサイトには

「ハワイが月の虹を見られることで有名ですが、とてもめずらしいもので、日本ではほとんど見ることができません。」

「本当にめずらしい自然の現象なので、月虹を見ることができた人は幸せになれると言われているんですよ。」


と書いてありました。やったー、ラッキー♪♪

それにしても、月虹の下にいて、月を見上げていると、本当に幻想的で、なんだか空に吸い込まれて行きそうな変な気分になりました。

寒さも忘れて、ベランダで空を見上げていました。


ブルームーンで、今年一番大きい満月で、月虹!!
満火星のおまけつき。

わー。すごいもの見ちゃった!!!


※月虹(げっこう)、白虹(はっこう)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E8%99%B9

※月暈(つきがさ、げつうん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%88
posted by HANA at 11:56| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

おひさしぶりです

ひさびさ、にゃん吉(うちの出入りの野良猫)登場です。

しばらく見かけなかったので、もうこの縄張りから追い出されてしまったのかと思っていたら、私が注意を払っていなかっただけで、彼は、いつでもウチを「自分ち」と思って我が物顔でさまざまに(寝床、トイレ、つめとぎ)利用していたようです。

100120_1435~0002.jpg

あの。ときどきお邪魔してました。すいません。

100120_1435~0001.jpg

え? なんですか?

100120_1434~0002.jpg

いや、そのう・・・

100120_1434~0001.jpg

ま、どうかひとつ今後ともよろしく。

ラベル:
posted by HANA at 13:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ベトナムなう

そういうわけで、ベトナム・ホーチミンに行ってきました。

今日は自分の撮った写真をいくつか載せてみたいと思います。

morning.jpg

昨日も書いたように、とにかくバイクバイクバイクです。

着いた翌日の朝、ホテルの近くを一人で散歩したのですが、まあ「散歩」なんていう暢気なことをこの街は許してくれません。

このとおりの車とバイクだし、日本語で話しかけてくるバイクのおにいさんやおじさん(闇バイクタクシー。バイクで案内してあげると誘って、後で法外な料金を要求されるというトラブルが多発しているので、絶対ついていってはいけないと、ガイドブックに書いてあります)に目をつけられるので、ぼんやりキョロキョロなんてしていられないのです。

mitibata.jpg

こんな風に、てんびんを担いだ物売りの女性とかいたりするのが、かろうじてベトナムっぽいかな。

bike.jpg

なんで、せっかく旅行に行ったのにバイクの写真ばっかり撮ってるの?もっときれいな写真載せたら?と思われるかもしれないのですが、確かに、コロニアル建築と呼ばれるフランス統治時代の建物や、おしゃれなホテルもあるのですが、それだけを切り取ってここに載せても、それは私の体験したベトナムの印象とは全く違うものになってしまうので、あえて載せたくない感じがするのです。

しつこいようですが、バイクバイクバイク。これが今のベトナム(笑)

densen1.jpg

電線もすごいです!

日本でも電線が気になって割りとチェックしている私ですが、ベトナムの電線は、レベルが違います。感動モノです(笑)

densen2.jpg

これ、どれがどこにつながってるか、把握されているのでしょうか?
してないだろうな。もし切れたら、それを修理するのではなくて、新しく足しちゃうんだろうな?だから、このようにどんどん増えていく一方なのではと思いました。(そんなのがベトナムの国民性みたい)

bus2.jpg

2日目。バスでチョロン(中華街)に行きました。
この写真は、出発地、ベンタン市場近くのサイゴンバスターミナル。

さくさんのバスと人がぐちゃぐちゃ。その混沌の中で、端っこで飲食物を売っている人、そこで座って何か食べてる人がいます。

いちおう「何番乗り場」みたいに書いてあるのですが、あんまり関係なしに、みんな適当なところで乗り降りしているみたいです。人がまだ乗り降りしていても、バスは平気で動き出してしまいます。

binhtay1.jpg

チョロンのビンタイ市場。
ホーチミンの2大市場は「ベンタン市場」と「ビンタイ市場」。
ベンタン市場は市の中心地にあって、安いとはいっても観光客向けのところがあるみたいなのに比べて、こちらのビンタイ市場は、卸売り市場という感じで、より混沌としています。

ベンタンでは、日本語で「オネエサン何ホシイノ」などと声をかけてきたりするのですが、こちらビンタイではそういうのはなくて、皆さん商品を数えたり並べたりと自分の作業に忙しそうで、あとはモノと人がいっぱいの狭い通路の脇で平気で何か食べていたりで(何か食べてるのはベンタンもどこでも同じだが)、観光客相手に売る気はあんまりないようです。

binhtay2.jpg

年末のアメ横ですら足を踏み入れることができないヤワな私に、こんなところで買い物などできる訳がありません。もちろんスルーです。でも、声かけられない分、ベンタンよりビンタイのほうが、ゆっくり物が見られて面白かった。

bentai.jpg

1日目には中心地の観光スポット(統一会堂、サイゴン教会=聖母マリア教会、中央郵便局、ベンタン市場)をひととおりまわって、多少ホーチミンに馴染んだつもりでいましたが、チョロンの混沌具合は、段違い。

チョロンに行ってから、宿泊ホテルのあるドンコイ通り周辺に戻ったら、「こんなのはまだまし」と思えてしまいました。

でも、チョロンは面白かった〜。

temple2.jpg

チョロンのティエンハウ寺。天井につるしているのは、巨大なうずまき線香です。

temple1.jpg

地元の人がお参りをしているのを見ていると、30センチくらいある花火のような線香を10本くらい束にして持って、それを顔の前で、ぶんぶんぶんと小刻みに振っていました。

街なかでも、この線香が、街路樹の根元などに差してあり、軸の部分がピンク色の木なのでそれがたくさん残っていました。

あと、お店には必ずといっていいほど、四角い箱の仏壇みたいなのが置いてあって(日本人の感覚だと上の方に置くものだと思うのですが、あちらでは客の足元においてあったりします。)、布袋様のような像がまつってありました。

宗教とか民間信仰に興味がある私には、こういう部分にすぐ目が行ってしまうのですが、面白いと思ったのは、下記の写真のように、バスなど車の前のところに、お花(生花)や線香立てがついているものをよく見かけました。

bus.jpg

お供えする花は黄色の小菊(?)と決まっているようです。

kiku.jpg

上の写真で、右下のほうに四角い箱型のものがあり、中に線香と黄色い花と果物かなにかが供えてありますね。道祖神ってところでしょうか。

church2.jpg

この門は、チョロンにある「教会」の門なんです。

church1.jpg

さすが中華街にある教会。

etoneko.jpg

そうそう。これは日めくりの暦なのですが、カラフルな絵が描いてあって、日本のそれとは趣がちがいます。左下に猫の絵が描いてありますが、なんで?と思ったら、ベトナムにも「干支」があるのですが、ベトナムでは十二支に「ひつじ」のかわりに「猫」が入っているんですって!

帰ってきて調べたら、ブルガリアでは虎の代わりに猫だそうです。それ以外にも、十二支の動物は国によって微妙に違っていたりするそうです。→Wikipedia十二支

vuiven.jpg

このあたりは、中心地から少しはずれたところで、安宿がたくさんある、いわゆるバックパッカー街(ファングラーオ通り〜デタム通り〜ブイヴェン通り)。ここらへんは、ベンタン通り(日本で言えば銀座)周辺に比べればずっと生活感が感じられます。

こうやって書いていると、「あれの写真も撮っておけばよかった」「あそこの写真も撮っておけばよかった」と後悔するのですが、その時は、ほとんど歩くだけで精一杯の状況で、これだけ撮っただけでも、私にしてはよく頑張ったと思います。

とにかく、道端で立ち止まってぼんやりなんてしていたら、危険なんですから!!

・・・

1日目の朝の散歩に一人で出たときは、聞きしに勝る交通状況のすさまじさと、騒音、排気ガス、まとわりついてくる闇バイクタクシーのおじさんに、すっかり辟易し、『こんなところもう二度と来ることはあるまい』と思ったのですが、帰ってきてこうやって振り返ってみると、『次に行ったら、あんなことしてみたい、こんなところも行きたい』なんて、考えてしまっている自分がいます(笑)

それにしても、
「ベトナムどうだった?」ときかれて、
「面白かった」とはいえるけれども、
「良いところだったから、あなたもぜひ行ってみて〜」
と、誰にでも勧められる場所ではないですね。ははは。

posted by HANA at 13:03| 旅行・イベント・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ホーチミン・ショック!

ベトナム・ホーチミンに単身赴任中の夫のところへ
ちょっと遊びに行ってきました。

夫から様子は聞いていたし、ガイドブックなどで
予備知識は頭に入れていきましたが、
実際、行ってみてびっくり!!

なんといっても、バイクバイクバイク。
とにかくバイクだらけ。はんぱじゃない。

「バイクが多い」
「観光客は道を渡れない」

というのは、知っていました。
知っていましたけれども、あれほどとは思いませんでした。

「想像を絶する」とはこのことか!と思いました。

写真も撮ってきたので、それをここに掲載しようかとも思いましたが、
どう見ても、静止画では、あのすさまじさの
微塵も伝えることができそうもありません。

それで、Youtubeから、私が体験した感じに近い動画を
探してきました。

全く知らない方の投稿動画ですが、お借りして掲載します。





2番目の動画は、より私の体験に近いです。
この方と全く同じ道を一人で渡りました。
(この状況でビデオを撮るなんてすごい!尊敬します)

日本語で話しかけてくるバイクのおじさんのセリフも
ほとんど同じです(笑)

これが、ある一部の通りだけというのではないのです。
ホーチミンのどこへいっても、この調子なんです。
もっとすごいところもあります。

そして単に、バイクが多い、交通ルールが守られていない、
(そもそも交通法規あるのかな?)ということだけではなく、

なんていうかなあ・・・

人と人、人と車やバイクの「距離感」というものが
日本人の私たちの感覚と全然違うのだと思いました。

車やバイクがびゅんびゅん走る道のわきに、
路上に座って飲食している人たちがいて、
その間を歩行者が通るのだけれども、
それぞれの隙間が10センチ位しかなかったり。

あの「距離感」の凄さを、たとえ動画でも、
伝えるのは難しいと思います。

そういう意味で、
「行かなければわからなかった」
「行ってみてよかったなあ」
と思いました。

日本に帰ってきたら静か過ぎて・・・変な感じです(笑)

posted by HANA at 16:07| 旅行・イベント・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

浅草名所七福神めぐり

1月6日に母と七福神めぐりに行きました。

東京には、いろいろな七福神めぐりコースがありますが、今回は浅草名所七福神めぐり。(「名所」は「めいしょ」ではなく「などころ」と読みます。)七福神なのになぜか9つのお寺や神社をめぐります。

100106_1250~0002.jpg 100106_1420~0001.jpg

「浅草名所七福神会」のホームページによると・・・

----
浅草名所七福神は九社寺あります。「九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩でありあつまる意味をもち、また、天地の至数、易では陽を表す」という古事に由来したことによります。
----


???・・・よくわかりません(笑)
ま、理屈はなんでもいいので、とにかく回ることに意義あり。

七福神めぐりは回る順番は自由です。→浅草名所七福神めぐりコースマップ

100106_1330~0001.jpg 100106_1321~0001.jpg
(左:待乳山聖天。「大根」がシンボルです。右:新東京タワー、だいぶ育ってきました。)

100106_1348~0002.jpg 100106_1358~0001.jpg
(今戸神社では、たくさんの招き猫が迎えてくれます。)

100106_1438~0003.jpg 100106_1449~0001.jpg 

各社寺で買った小さな絵馬を笹につけていき、上の写真が全部そろった完成図。私は色紙にご朱印を集めました。

右は母の朱印帖。吉原神社のご朱印がカッコよかったので写真を撮らせてもらいました。色紙のほうではスペースが小さいせいか、墨筆の部分が違うのです。にょろにょろっと伸びた部分は「吉原」の「よし」で、頭が蛇になっているようです。

10時15分に三ノ輪駅を出発し、鷲神社からスタート。あとは全部徒歩で、最後は石浜神社、そして南千住駅到着が約15時15分。昼食時に30分ほど休んだ以外は、ほとんど休憩時間もとらず、寄り道もせず、歩きとお参りで5時間。

終わって、母の万歩計が15,000歩を超えていましたから、結構な距離あったと思いますが、母(76歳)は「心が晴れ晴れとしてさわやかな気持ちになるね!」と、元気一杯ハイテンションで、私の方が後半バテぎみでした;

親孝行のつもりが、母のお陰で歩かせてもらった感じになりました。

ラベル:神社 お寺
posted by HANA at 11:50| 旅行・イベント・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

菊池峰子さん「ムーンリヴァー」出版記念トークショー&サイン会

ご縁あって12月に「ムーンリヴァー」出版記念チャリティコンサート
で、お目にかかることができた菊池峰子さんが、
今月「トークショー&サイン会」を行うそうですので、
ご案内させていただきます。

峰子さんのサインは強力ですよ〜!
あれから私、「天使の梯子」を毎日のように見てしまうのです(笑)
http://lohas87.seesaa.net/article/135987598.html



シブヤ駅前読書大学
"本のソムリエ" 団長とゲストとの無料イベント
「ムーンリヴァー」出版記念トークショー&サイン会


大盛堂書店(渋谷) 3Fイベントスペース
日時:2010年1月16日 15時〜16時30分
ゲスト:菊池峰子さん 

2010年1月4日11:00より予約受付開始
参加無料・先着50名様

※申し込み方法など詳細はこちらから
http://www.taiseido.co.jp/sibudoku/shibudoku.html



◆菊池峰子さん情報◆

【私のブログ記事】
「ムーンリヴァー」出版記念チャリティコンサート
http://lohas87.seesaa.net/article/135499760.html

【本】
「ムーンリヴァー」
世界の30万人に感動の舞台を届けたボランティアの記録
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4286078736/breastcancerh-22/ref=nosim/
菊池 峰子 (著) 文芸社 (2009/11/1)

【サイト】
株式会社ムーンリヴァー
地球の子どもたちに愛と夢を贈る「ムーンリヴァー財団」設立のために
http://www.moonriver.co.jp/


posted by HANA at 08:33| イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

五色の財布

091231_0728~0001(2).jpg 091231_0729~0001(2).jpg

年明けとともにお財布も新しくしました。

へび皮!!

へび皮の財布はお金がたまるとか?
いかにも「へびへび」してたらいやだけど、これは
一見それっぽく見えないところがいい。

また、5色の色も縁起がいいそうで、
『弘法大師がどうしたこうした』という由来が
売り場の説明に書いてありました。

もう、ワタクシ的には「買うっきゃないでしょう」
という感じで、即効買いでした(笑)

軽いし、中の仕切り具合なども使い勝手が良く、
気に入っています。

いっしょに虎の根付も買いました。
今年は年女です;


posted by HANA at 23:34| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

空を見上げて

100101_1209~0001(2).jpg
2010年。
一人で静かにお正月を迎えました。
(じつは12月から夫が海外単身赴任中)

・・・

年が明けてから1時くらいに寝たのですが、
すぐ3時すぎに目が覚めて、月を見ました満月

満月が近所の家の屋根をキラキラと照らしていました。
かわら屋根が波のようにも見えました。
(1日は月食でもありました)

朝6時頃起きて、少し布団のなかでうだうだしていたら、
急に東の空がオレンジ色に光り始めました。

とても力強い濃いオレンジの光。
うわあ、初日の出だ〜晴れぴかぴか(新しい)


海に行かなくても、
山に登らなくても、

自分ちの布団の中で、いながらにして、
こんなに綺麗な初日の出が見られるなんて〜(感激)

午前中に、いつものジョギングコースの川沿いを
歩いて神社に初詣に行きました。

ふと、
今日は妙に川の色が深いなあと思ったら、
空の色が映っていたのでした。

見上げると
雲ひとつない快晴で、澄んだ青い空でした。

そして夜に、また月を見ていたら、
月が動いているのでびっくり!!、
周りの雲が早い速度で動いているので
そのように見えたのでした。

雲がみるみるうちに、いろんな形に
変わっていくのが面白くて、
部屋の電気を消して、ふとんにくるまって、
長いこと見ていました。

ひとりぼっちでいたからこそ、
気づくことのできた、
月や太陽や雲の美しさ、
だったかもしれません。

posted by HANA at 22:58| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄紙をはぐ

神社でお札をいただくと、
こんな感じになっているじゃないですか・・・

091231_0712~0001(2).jpg

私はいつも、このままの状態でおまつりしていたのですが、
今年の新年のお札をいただくときに、
古いお札をこの状態で返したら、
若い神主さん(?)に、こう言われました。

「おまつりされるときは、この外側の薄紙は剥がしてくださいね」

え〜っ。そうだったんですか?!
取ってはいけないのかと思っていましたあ。

そういう訳で、今年からは薄紙をはがしておまつりします。

神様、いままで息苦しかったでしょうか。
失礼いたしました〜。

091231_0717~0001(2).jpg
posted by HANA at 20:02| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔をあげたりもらったり

年末30日。

宅配各社の配達員さんが朝から次々と我が家にやってきました。
クロネコさん、飛脚さん、ペリカンさん(現JPエクスプレス)、
こんせんくん(=牛。パルシステム生協のキャラクター)。
注文した品物の配達やら、集荷やら。

年末は特に配達のおにいさん達は忙しいんだろうな〜、
と思って、朝一番に来たクロネコさんに、ふと思いつきで
みかんを(たまたま玄関先に置いていたので)あげたら、
とってもうれしそうな顔で受け取ってくれたので、
こちらもなんだかすごくうれしくなって、来る人ごとに、
みかんやら、缶コーヒーやらを差し入れして、
「よいお年を」と声をかけた。

荷物を置いて帰ろうとする配達員さんを
「ちょっと待って」と呼び止めると、

一瞬
『何か不手際でもあったのか?』とけげんそうな顔を
するのだけれど、

「よかったらどうぞ」とみかんを渡すと、
その顔が、「ふにゃ〜」っと崩れて
笑顔になるのを見るのが快感でした(笑)

そうこうしているうちに、
自分が注文した覚えのない荷物が届いた。

開けてみると・・・

091230_1133~0001(2).jpg
かわいらしいピンクのシクラメン。

思いがけない方からの、
思いがけないプレゼントでした。

たぶん、その時の私は、
思いがけずみかんを差し出された宅配便の
おにいさんたちのように、

ふにゃ〜っと、顔が崩れて、
とびきりの笑顔になっていた
ことでしょう。
(Mさん、ありがとうございました!)



贈り物は、
もらうのも、うれしい。
あげるのも、うれしい。

あわただしかったけど、
ほっこり暖かい気持ちになった1日でした。


posted by HANA at 19:30| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

招福てぬぐい

091230_1629~0001.jpg

平成22年(西暦2010年)
明けましておめでとうございます

今年はめちゃめちゃいい年になる予感がします!!

年末はブログネタになりそうな写真を
いろいろ撮ったのですが、
書いている暇がなかったので、
このあと順次掲載予定・・・???
(って、たいしたことはないのですがね)

写真は今月の「てぬぐいタペストリー」

ラベル:てぬぐい
posted by HANA at 09:23| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。