2007年11月24日

ネタばらし

ここのところ私にしては珍しく(笑)毎日ブログを更新していましたが、実は毎日書いていたのではありません。

ブログには「予約投稿」という便利なものがありまして、好きな日時を指定して掲載することができます。時間のあるときに、あらかじめいくつかの記事を書き溜めておき、毎日更新するように指定しておいたのでした。

先々週は外出が多かったので、ブログに使える写真がいろいろありましたが、今週は家におこもりして仕事三昧だったのでネタがありません。

なのでブログ毎日更新の記録も、ここでストップかな(笑)
posted by HANA at 15:18| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

がんばれ電柱!

yuyake2.jpg
夕焼けなど、綺麗な風景を写真に撮ろうとして、どうしても電線や電柱やガードレールなどの人工物が入ってしまうような時に、以前は「邪魔だなあ」と思ったものですが、

最近はむしろこんな電線ごしの風景をいいなあ、と思ってつい撮ってしまいます。

そこらじゅう電柱電線がいっぱいなのは美しくない、みっともない、という人もいるけど、(確かにそうなんだけれども)、

右から左から何本もの電線にひっぱられ、いろんなものを体中にいっぱいくっつけてふんばっている電柱を見ていると、なんだかいとしくなってしまいます。

電柱はえらいよ!(笑)
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

油絵風眠り猫

nemurineko-1.jpg
左甚五郎作・眠り猫。
ご存知、世界遺産。日光東照宮。
先週行ってきました。

携帯のカメラのズームの倍率最大にして撮ったのですが、なにもエフェクト(フォトショップなどのソフトで写真に効果を加えること)などかけていないのに、なぜか「油絵風」になってしまいました。



ちなみに、本当に「油絵画」のエフェクトをかけると、↓のようになります。

nemurineko-2.jpg

東照宮、前に行ったことがあるはずなのですが、誰といつ行ったのか全く思い出せません。眠り猫も、三猿も、鳴き龍も、見たことがあるはずなのに、ちっとも記憶にありません。

しかし、記憶力が弱いと、どこへ行ってもはじめてと同じ感動を味わえるのですから、お得ですね(笑)
posted by HANA at 10:00| 旅行・イベント・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

キリンの群れ

kirin-mure.jpg

クレーン萌えシリーズ第?弾。
キリンの群れ。
撮影地:羽田付近(東京モノレール車窓より)
ラベル:萌え クレーン
posted by HANA at 10:00| クレーン萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ブルーの東京タワー

6pon3-tower.jpg
11月14日、六本木でブルーの東京タワーを見ました。(写真、ちょっとわかりにくいですが、中央がタワー)

乳がん月間の10月1日に東京タワーがピンク色になることはもちろん知っていましたが、ブルーはきいたことがない、何だろう?と、帰ってから調べたら、「世界糖尿病デー」でした。東京タワー以外にも有名建築物などがブルーにライトアップされていたそうで、今年からはじまったということ。

私がけやき坂通りのイルミネーションを見ていたら、最初に坂の途中の横断歩道からイルミネーション越しにタワーを見た時には普通のオレンジっぽい色だったのに、坂を一度下って、また上ってみたらタワーがブルーに変わっていたのです。

まさにその時間(18:30)に点灯式が行われていたのだそうです。

全くの偶然だったのですが、絶妙のタイミングでした。
ラッキー♪


6pon2.jpg
(けやき坂通りのイルミネーション)
ラベル:東京タワー
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

デンキヤホールのゆであずき

torinoichi-yudeazuki.jpg
11月11日、浅草の酉の市に行きました。
その帰りに寄った「デンキヤホール」という昭和レトロな喫茶店で、友人が注文した、その店の名物だという「ゆであずき」。

ホットドリンク用のガラスコップに入ってくる「ゆであずき」はちょっと「え?」と思いますが、味はお汁粉とも違い、塩味がきいて甘さ控えめでなかなかイケます(私は一口もらっただけですが)。

この店のことは全く知らずに、たまたま通りかかって入ってみたのですが、ブログに書くために(店名がわからなくなったので調べる為)ネットで検索していたら、「アド街」などでも紹介された知る人ぞ知る店らしいです。

そういえば、そもそも「デンキヤホール」という名前からして変わってるし、店のいろいろ(インテリア、メニュー、店員さん)が、見どころ(つっこみどころ?)満載でした。
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

酉の市の縁起物

torinoichi-kirizansho.jpg
うちの近所の足立花畑の大鷲神社が酉の市の発祥の地らしいと知ってから、ここ数年お参りしていました。

酉の市といえば神社の境内に立ち並ぶ熊手を売る店が思い浮かびますが、熊手のほかにも「酉の市の縁起物」があるということを昨年はじめて知り、興味をもっていました。

酉の市豆知識
浅草酉の市

花畑では、そこれらの店は出ていないようなので、今年はちょっと遠征して、はじめて浅草酉の市へ行ってみました(11月11日・一の酉)。

切山椒(きりざんしょ)
名前の字面だけ見ると、山椒の佃煮みたいなものかなどと思ってしまいますが、これは餅菓子です。上記「豆知識」の記事を読んで私が想像していたのと全く違っていました。うんと甘いのかと思っていたら、甘みはかすか。山椒の風味もそんなに強くありません。上品なお菓子でした。
黄金餅というのも、誰か復刻してくれないでしょうか。

ヤツガシラ(芋)
「芋かん」は屋号。今はこの一軒だけだそうです。

torinoichi-imo.jpg
posted by HANA at 10:00| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

健康とツキの関係

新聞の下のほうにある雑誌広告欄て、キャッチーなコピーがいっぱいで、記事よりもそちらにまず目が行ってしまいます。

昨日「あれれ?」と思ったもの。

★お金がザクザクたまった!人生も家庭もガラリ一変!
 ツキを呼ぶ魔法のテーブル
★完全保存版別冊付録
 2008年の金運、財運、仕事運、家庭運、健康運が大向上!
 風水開運術No1事典

☆幸せなお金持ちノート
☆靴を磨くだけで人生大好転!
☆年末ジャンボ必当術

これ、何の雑誌のコピーだと思いますか?
「主婦の友」とか「素敵な奥さん」あたりだと、こんな記事はありがちですよね(笑)

でも、これはそういうのじゃなくて、上2つの★は「壮快」下3つの☆は「ゆほびか」。どちらも、そもそも健康情報がメインの雑誌のはず。

この号の他の内容・・・目の温湿布、酢タマネギ、酒かすパック、朝バナナ、てれんこ走りダイエット、ほおサンドイッチ美顔エクサ、、、などが本来のネタで、以前はこのような健康法ばかりを紹介する雑誌だと思っていましたが、最近は違う方向へ行っちゃってるのでしょうか?

私も風水とか、そうじ力とか、その手のものは好きなほうなので、バカにするつもりはないのですが、健康雑誌に「運」「ツキ」「金」という言葉が踊っているのが、時代の風潮なのか、なんだか面白いなあと思ってしまいました。
posted by HANA at 13:10| 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ゾロ目のメッセージ

まぐまぐ!(メルマガ配信サービス)に最初のメルマガを掲載した日は11月1日。
そしてメルマガの実質第1号を配信した昨日は11月11日。
1111は新しいことをスタートするにはなんだか良さげな数字であると同時に、私にとってちょっと特別な意味を持つ、ある人の誕生日でもあります。

この方は2000年2月22日に乳癌で亡くなられた方で、私は生前のこの方にお会いしたことはないのですが、昨年やはり私が乳癌に関係のあることで新しいことをスタートした日が、後になって気づいたのですが、たまたま2月22日でした。

その日に始めたことは、その後の私を大きく変えていくきっかけにつながりました。
それからもう一人別の、乳癌で亡くなった大事な友人は「ゾロメ好き」でした。そして彼女の結婚記念日が2月22日でした。

だから私は、ふと時計に目をやると22:22だったり(しょっちゅうあります)、1並びや2並びの数字を目にすると、その人たちに「私の分もがんばって。後輩患者達のために努力してね」と叱咤激励されている気がしてしまうのです。

エンジェル・ナンバー―数字は天使のメッセージ
こんな本もあるように、数字には何かメッセージがこめられているのかもしれません。
ラベル:メルマガ 乳がん
posted by HANA at 11:20| 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

グッドニュース

ホームページに乳がん関連のニュースを掲載するようになって3年。
最初は自分が新聞で読んだ記事で、これは役に立つ、乳がん闘病中の人に知って欲しいと思うものを時々ピックアップしているだけでしたが、昨年くらいからは、積極的に情報収集して掲載するようになりました。現在はほぼ週1回の頻度で更新しています。

最近では記事の内容は、あえてあまり選別はせずに、少しでも乳がんに関係ある記事であれば載せるようにしているので、リストアップする記事は結構な数になります。

例えば「アメリカで行われた臨床試験で●●●という薬が●%の人に効果があった」などというニュースは、日本で今現在闘病中の患者にはまだ「遠い」ニュースなのかもしれません。海外で開発された新薬が、日本でも認可されるのは、まだまだ先のことになるかもしれないからです。

そういうニュースを羅列することに、意味があるのだろうか、と迷ったこともありましたが、今は、これで良いのだと思うようになりました。

それはなぜかというと、一つ一つのニュースは今の自分とは直接関係がないとしても、薬や治療法や、国の政策など患者を支援する体制や、さまざまのことが、とにかく少しづつでも「良い方向へ向っている」と感じ取ることができれば、そこに希望をみいだせるのではないかと思うからです。

世界中で癌を撲滅するための研究は日夜続けられている。
毎日「良いニュース」が生まれている。

誰よりも私自身が、そう思いながらニュースを更新しているのです。
今月から始めたメールマガジンも、このことの延長線上にあります。

時にはあまり良くないニュースや厳しい現実を垣間見ることがあったとしても、良いニュースのほうがずっと多くて、全体的には「グッドニュース!」と思って受け取っていただければいいな思っています(笑)

メールマガジン「乳がんトッピックス」の購読お申し込みは
↓から。
http://www.mag2.com/m/0000250541.html
登録も解除もいつでも自由にできますので、お気軽にお申し込みください。
#結局、メルマガのPRでした。えへへ(^^)
ラベル:乳がん
posted by HANA at 11:00| 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

がん情報のさがし方

siodome2.jpg先日(11/3)、国立がんセンターがん対策情報センター主催による、「がん情報のさがし方」という講演会に行ってきました。

この内容は、がん情報サービスのホームページにまとめられて掲載されていますので、関心のある方は
そちらをご参照いただくとして、、、


私の印象に残ったことを、ちょっとお話いたします。

まず、がん情報には「自分が知りたい情報」と「知っておくべき情報」がある、ということです。情報を集めようとするとき、知りたい情報だけ探していても、もしかすると本当は気がついていない自分にとって大切な情報を見落としてしまっている場合がある。

siodome1.jpgまた、情報には「ハード情報」(答えが明確なもの。治療ガイドラインなど。)と「ソフト情報」(答えがはっきりしないもの。例えば「落ち込んだときどうしたらいいか」とかとか)がある。情報発信元には、それぞれ得意分野があるので、必要に応じてそれを使い分けるといい、ということ。

講師の一人、天野さん(ご自身の闘病体験をもとにNPO法人グループ・ネクサスを立ちあげ、患者の支援活動を行っている方)が強調されていたのは『がん情報のほとんどはがん患者にとって知るのがつらい情報であることは確かだ。しかし、「情報を知ることによる怖さ」と「情報を知らないことによる怖さ」があり、知らないことによる損失は大きい』、ということでした。

だとすれば、乳がん掲示板の良さというのは、上記のような「知りたい情報」も「知っておくべき情報」も、ハード情報もソフト情報も、いろんな立場や状況や考えの人の話を、流れの中で自然に目にすることかもしれません。

例えば掲示板を細分化し「治療情報だけの掲示板」「気軽なおしゃべりだけの掲示板」と分けることも考えられますが、あえてそれをせず、楽しい話題や趣味の話題など日常の雑談も織り交ぜながら、そのなかでしっかり情報交換も励ましあいも人生相談もできることが、この掲示板の良さであり、他の情報源からは得がたいメリットなのだと改めて認識しました。

#写真は、国がんの帰りにぶらぶらと歩いた汐留あたり。
#「光の回廊」って感じで綺麗でした。


メルマガ「乳がんトピックス」明日、第二号を配信予定です。
↓ご購読お申し込みはこちらから
http://www.mag2.com/m/0000250541.html

ラベル:乳がん
posted by HANA at 12:05| 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

はじめてラン

run2.jpg
FYTTEはじめて・ランBOOK

まらそんノススメ」を読んで、すぐにランニングを実行に移したかというとそうではありません。

ウォーキングは細々と続けていたものの、「走る」ことは私にはやっぱり敷居が高すぎて「どこから手をつけていいか」という感じでした。一歩も走らないまま日にちが経っていきました(笑)

ウォーキングをはじめたころは、新聞や雑誌をみてもウォーキングの記事ばかりが目に付き、「いまウォーキングがブーム」みたいな事を読むと「ふん、私は流行ってるからやってるわけじゃないもん」と思ったものですが、今度は走りたい、と思っていると「いまランニングがブーム」みたいな記事ばかり目に付くのです。

で、この夏の女性雑誌はなぜかランニングの話題が多くて、「走る女は美しい」とか「朝や会社帰りに走る女性が急上昇中」とか言われると、むむ、そうなのか、私も早くはじめたい、と焦る気持ちばかりつのり、それでも結局なにもできずにいました。いきなり走っても続かないのは目に見えていたから。

やっと一歩を踏み出せたのは、この本のお陰。

この本の何が良かったのかというと、
「4週間でやせる完全ラン・マニュアル」
初心者はそのままマネしてください!
この言葉。

↓こんなふうに毎日やることがプランニングされているので、本当に何も考えずにこれにただ従えば良いのです。

run1.jpg

しかも「全く運動したことがない人でも大丈夫」の超初心者向けプラン。最初の一週間は全く走らず、走れるようのなるための筋トレからはいるというものです。
これは私がまさに「こんなのがあればいいな」と思っていた本でした。

(このつづきはまた)
FYTTEはじめて・ランBOOK―走ってキレイにやせよう! 
学習研究社 (2007/09) 840円


posted by HANA at 11:07| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

重機フェチ

juki1.jpg

意外にも「クレーン萌え」シリーズにリクエストがありましたので、調子に乗って、携帯に保存してあった写真からピックアップしてきました。

でもこれって、クレーンじゃないですね。
ショベルカー?分類がよくわかりません。
このコたちは働きものの兄弟って感じで、けなげです。

そういえば少し前に、久々にカラオケに行ったのですが、VTR画面で、主人公の男性が憂いを帯びた表情で、ひと気のない空き地の、朽ちかけた、なにやらの重機に腰掛けて物思いにふけるシーンがあり、「うわー、この錆び具合が渋くてカッコイイ!(男性じゃなくて重機に対してですよ)」とか思ってしまい、歌詞に集中できませんでした。

「重機フェチ」という言葉は私が考えたのじゃなくて、以前、雑誌の読者投書欄に「私は重機フェチです」という人がいたのです(笑)
ラベル:クレーン 萌え
posted by HANA at 18:20| クレーン萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

まらそんのススメ

tabuchi.jpg

運動音痴の私が無謀にも「走ってみようかな」と思ったとき、最初に手にしたのがこの本でした。

まらそんノススメ 
田渕由美子 (著)

ここで私と同年代(1962年生)の方なら、きっと、
「え?田渕由美子って、“あの”田渕由美子? 田淵由美子が、なんでマラソン??」
とびっくりされるのではないかと思います。そうなんです、あの田淵由美子さんなんです、これが。

ご存じない方にご説明しますと、この田淵さんは少女漫画家です。
私が小学生高学年くらいの頃に、漫画雑誌「りぼん」を中心に、「おとめちっくロマコメ」などと言われる一連のマンガが流行りました。

陸奥A子、太刀掛秀子、そしてこの田淵由美子あたりが三大巨匠でしょうか。付録のノートや筆箱なんかがほしくて集めたものです。

私は中学生になると少年漫画中心に移行してしまいましたが。

え〜と、話が脱線脱線。

その「おとめちっくロマコメ」の大家・田淵由美子さんですから、どう考えてもイメージ的にスポーツと結びつかないわけです。

それで読んでみると、やっぱり(失礼)彼女は「運動音痴」を自負する人であり、『そんな私でもフルマラソンを走ることができるんですよ〜』というのが趣旨の、まさに私にはもってこいの本だったのでした。

(このつづきはまた)
posted by HANA at 11:25| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

呼ばれた

neko8.jpg

猫好きのみなさん、お待たせ(笑)にゃん吉シリーズです。

この前の台風でアルミのすだれがはずれてしまって、そのまま放置してあった。
というか、そもそも、もう、すだれの季節じゃないから、どのみち外さなくてはいけなかったのだが・・・(笑;)

あきっぽい私は、すだれの内側のにゃんこ観察場のことも、すっかり忘れていて、エサいれにしていたプラスチックの受け皿にも水がたまったままだった。

そしたら、ある朝、呼ばれてしまった。

締め切った窓の外から、「にゃーん」という声。

だいたい、エサをねだられるほどの信頼関係が、コイツとの間に生まれていたとも思えない。それくらいの、あっさりしたつきあいだったから、びっくりしたけど、呼ばれれば、うれしい(笑)

それで、煮干をやった。
調子に乗って、手渡しで食べさせてみようと思ったら、

・・・・ねこパンチ!

ひっかかれた、というより、爪の一本が、ぐっさりと私の右手の人差し指にヒットした。
ちっ。なにすんだ!

でも、このくらい憎たらしいほうが、かわいいと思ってしまう私って・・・??
ラベル:
posted by HANA at 10:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。