2007年10月27日

千里の道も一歩から

shoes.jpg

ランニングシューズを買いました。
えへへ。うれしいな♪記念撮影。

四国八十八ヶ所を回り終えてから、次の目標はなんとなく「マラソン」と思っていました。

というと私がなんだかチャレンジ精神旺盛のスポーツウーマンのように思われてしまうかもしれませんが、私は自他共に認めるバリバリの運動音痴です。

(四国歩き遍路のきっかけや経緯、その記録は→毎日がお遍路

歩き遍路をしている人の中には、ほとんど何のトレーニングもせず、思いつきでひょいっとはじめちゃったような人や、仕事の合間をぬって週末の会社帰りに夜行バスで四国入りし、2〜3日歩いて翌朝からもう仕事なんてことを繰り返しているようなツワモノもいっぱいいます。

そういう話をきくと私は内心「ありえな〜い」と思ってしまいます。

「歩く」というのはごく簡単な誰にでもできる行為ですが、一日20〜30Kmの道のりを、4〜5Kgの荷物を背負って歩き、それを数日間連続して続けるというのは、そうとう過酷な行為です。

それを「行けばなんとかなるだろう」と思える人は、もともと体力に自信のある人、普段運動をしている人なんだろうと思います。

私の場合はゼロどころかマイナスからの出発でした。

何年間もほとんど運動をしていない。いつも貧血気味で、ちょっと動くとすぐ息切れがしてしまう。重い荷物を持つとすぐ肩が凝る。人に道を聞いたり、知らない人と話すのは苦手。地図は読めない。方向音痴。サバイバル能力なし!

でも、1年かけてコツコツ準備やトレーニングをしていたら、なんとかなったのです。

怠け者であきっぽい本来の私を知っている人(夫)には、鼻で笑われた計画だったけど、曲がりなりにも達成できたのです。目標が明確だったからだと思います。

だから今は「絶対無理」とも思えるフルマラソンだって、いつかいつか、達成できるかもと思えるし、達成できなかったところで、目標をもって前向きに進んでいるというこのこと自体が、自分の支えになるように思います。

その次はトライアスロン!?(笑)

私が密かに憧れている人は、60歳のとき胃がんで胃の大部分を切除したのに、それからトライアスロンをはじめて、80歳を過ぎてもずっとレースに参加し続けているスーパーおじいちゃん。→中尾友一公式ウェブサイト

その人の事を考えると、33歳でおっぱいから数センチの塊をとっただけの私なんて、まだまだ何だってできる。しないでおくべきか!って燃えちゃうのです(笑)

ところで、靴を買ったけど、まだ一歩も「走って」いません。
まずは「走れる体をつくるためのトレーニング」から、ちょっとづつ入っています。

千里の道も一歩から。
posted by HANA at 12:18| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

行き詰ったときは

今住んでいる家は、築30年近いボロ家だが、いちおう庭付き一戸建て。
買って8年ほどになる。ここに来る前は公団住宅に住んでいた。

マイホームを持つことが別に「夢」という訳でもなかったし、そのためにコツコツ貯金していたというわけでもなのだが、家賃を払い続けているよりも買っちゃったほうが得なのかなと思ったのがきっかけだった。

でも、とにかく「引っ越したい」と決めてからは頑張った。
自分達は現状でどのくらいの住宅ローンが借りられるのか、頭金や諸費用はいくら位必要か、家選びのチェックポイント、様々の手配や手続きのこと等々、とことん調べまくった。

面倒くさがりやで出不精の私たち夫婦が、このときばかりは、毎週のように物件を探しに出かけたりもした。

でもなかなか、条件に合う物件が見つけられず、時間ばかりが過ぎて、したいはずのことが、重荷になってきていた。

せっかくそこまで頑張ったのに、あきらめてしまうのは惜しいけど、こういうものはタイミングもあるのだから、今回は見送ろうか、というところまでいった。

それで私は、気分転換したい気持ちもあって「引越ししないなら、地元でフィットネスクラブにでも通おうかな」と、隣駅のクラブにパンフレットを貰いに行った。

その帰りに、何気なく立ち寄った不動産屋で見つけたのが、今住んでいる家。

目的や夢の為に頑張ることは大事だけど、成果がでないことに焦り、頑張ることが苦痛になってしまうと、かえってスムースに事が進まなくなる場合がある。

行き詰ったときは肩の力を抜いて、自分を楽にしてあげると、幸運の女神も微笑むのかも。
posted by HANA at 14:25| ココロとカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

The Secret To You



「未来は自分でつくるもの」と書いていたら、さっそくこんなものが“引き寄せられて”きました。

アメリカで本やDVDが流行っているそうで、ちょうど日本語版の書籍も発売されるところでした。
ザ・シークレット
DVD最初の20分(字幕付)

でも、本を読まなくても、DVD見なくても、この動画を毎日見ているだけで、なんかいいことが起こりそうな気がする(笑)


posted by HANA at 12:32| 動画クリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

Dream come true

disny.jpg

美しいもの
素晴しいもの
美味しいもの
楽しいこと
素敵な人

そういうものに触れると
元気が出る

ただ感動するのではなく
自分も頑張ろう、と

胸の奥のどこかで
小さな力が目覚める

未来は自分でつくるもの

夢は叶えるもの

自分も誰かの希望になれるように
posted by HANA at 00:10| ココロとカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

伝言板

dengon.jpg

駅で待ち合わせをして、ちょっと早めに着いたので、なんとなくあたりを見回していたら、こんなものを見つけました。

・・・伝言板(しかも黒板に白墨)

携帯電話が普及した今では、待ち合わせで行き違いがあって、連絡がとれず苦労するなんてことも、あまりなくなりましたね。

でも、携帯を持っていない人だっていますから、やっぱり駅にはこういうものをいちおう常備しておくようになっているのでしょうか。
(ちなみに、私の友達は携帯を持っていない人が多いです。)

伝言はなく、いたずら書きがされていましたが、日付はちゃんと更新されていました。駅員さんが毎日いたづら書きを消して日付を書き入れるのでしょう。

「伝言板に君の事、僕は書いて帰ります〜♪」(私鉄沿線by野口五郎)という歌が、思わず頭に浮かんでしまった私^^;

レトロ〜
posted by HANA at 10:49| 東京小景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。