2007年07月28日

ダイアログ・イン・ザ・ダーク2007東京

イベントのご案内です。

***************************
〜主催者の案内から引用〜

Dialog in the Dark

まっくらな中での対話。

鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、足元の葉を踏む音と感触、森の匂い、土の匂い、森の体温、街の息吹。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、日常生活のさまざまな環境を織り込んだまっくらな空間を、聴覚、触覚、嗅覚、味覚など、視覚以外の感覚を使って体験する、ワークショップ形式の「暗闇のエンターテイメント」です。
<アテンド>の声に導かれながら暗闇の中を進み、視覚以外に集中していると、次第にそれらの感覚が豊かになり、それまで気がつかなかった世界と出会いはじめます。
森を感じ、小川のせせらぎに耳を傾け、バーでドリンクを飲みながら、お互いの感想を交換することで、これまでとはすこしちがう、新しい関係が生まれるきっかけになります。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク2007東京』 
東京都 港区赤坂にある廃校になった旧赤坂小学校で
9月13日(木)〜12月19日(水)90日間、開催。

今年のテーマは、【学校の放課後・冒険編】です。
是非、動きやすい服装でスニーカー持参でお越しください。

◆第一弾チケットの予約発売は、以下のWEBにて
7月28日(土)正午から開始します。
http://www.dialoginthedark.com

(引用ここまで)
***************************

<アテンド>を勤めてくれるのは視覚障害を持つスタッフ。
でもこれは決して『障害者の疑似体験をして、彼らの苦労をわかってあげましょう』ということが趣旨のイベントではありません。

私も2004年に東京・青山 梅窓院祖師堂ホールで開催された第6回「ダイアログ・イン・ザ・ダーク 2004 in 東京」にて体験しました。視覚を奪われた世界の中で、次第に視覚以外の感覚が研ぎ澄まされていくという不思議な感覚を味わいました。いろいろなことを感じました。

この体験をとおして感じることや気づきは人それぞれ。
ぜひ多くの方に参加してほしい催しです。

一回に参加できる人数が少ないため、毎回、チケットはすぐに完売してしまうようです。
関心をもたれた方は早めにチケット購入をおすすめします。

また、日本での常設展示にむけての準備も着々と進んでいるようです。
情報が入ったらまたここでご案内したいと思います。
posted by HANA at 11:06 | TrackBack(1) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

にゃんこ観察場

例のにゃんこです。

アルミすだれの下の部分を、猫が入って来易いように、少し開けた状態で固定しちゃいました。
そしてとうとう、えさ(煮干)まで置いてしまった;

来た来た。。。(そりゃ、来るだろう)

neko3.jpg
タグ:
posted by HANA at 20:01 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

銀座のキリン

kirin.jpg

銀座八丁目付近でキリンの親子を発見!(笑)
ちょっと見えにくいかもしれませんが、右に子供がいます。

ここって何があった場所だったかな?
すっごいビルが建つんだろうな。

キリンの親子は大忙し。

そいえばこの並びに「銀座ライオン」(ビアホール)があります!(笑)(笑)
posted by HANA at 16:36 | TrackBack(0) | クレーン萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

お気に入りの場所?

madoneko.jpg

うちの縁側に遊びに来る野良猫です。網戸とすだれの間に入っています。
網戸越しなのでぼやけた写真、幽霊みたい(笑)

外が明るくて部屋の中は暗いので、私がいることに気がついていないのか、家の中の様子をうかがっています。

↓安心したのか、爪とぎ開始。

madoneko1.jpg

うちはボロ家なので雨戸のレールが木製です。そこで爪とぎするのが日課になっちゃってるのか?ぼろいレールがますますボロボロになっていきますが、まあいいでしょう(笑)

猫見てると気持ちが和みます。
posted by HANA at 13:01 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。