2007年05月26日

ターバン野口

いいネタがないので、2ヶ月ほど前、別のブログに書いた話を再録します(笑)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

会社にいる夫から「ターバン野口つくっておいて」とのメール。

???
ターバン野口って、なんのこと??
さっぱり心当たりがない。

「何?」ときくと「検索(せよ)」との返事。

検索してみましたとも・・・



そして、作り始めるわけですが、結構これがむつかしい。
妙なムードのBGM。最初は「面白い歌〜(結構好き♪)」とノンキに聞いているが、折るのがうまくいかないで、何度もリピートされると、だんだんイライラしてくる。ええい〜、うるさいっ!
なんとか完成したころには歌がしっかり頭にこびりついている。
これはもしかしてCDの宣伝なわけ??(笑)

と、さらに調べると公式ブログサイト「ターバン野口の世界」もあり、本(お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた)まで出ているではないか。密かにブーム(?)なのか。。。ターバンのほかにもバリエーションはいろいろ。

それにしても、これをやるとお札がくしゃくしゃになる。
『お金を粗末にしてはいけません』と怒る人もいるかも(笑)

もし、おつりでもらったお金に細かい折り後がついていたら、それは「ターバン野口の成れの果て」ってことだ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

追記:
いまのところ、そういうお札に遭遇したことはない。
posted by HANA at 14:53 | TrackBack(0) | 動画クリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

Global Meditation & PrayerDay

地球をまるごとHUG!

embraced3.jpg


世界平和瞑想&祈りの日について

画像提供:STAR DUST
posted by HANA at 11:14 | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

世界平和瞑想&祈りの日

******************************
ブダペスト・クラブ会長アーヴィン・ラズロ博士
(地球交響曲第5番出演者)によって先導される、
「世界平和瞑想デー」のご案内と参加の呼びかけです
(特定の宗教や思想に縛られるものではありません)

<誰でも簡単に参加できる方法>
2007年5月20日(日)午前10時〜午後2時半
までの間の都合のよい時間に、家庭や職場で
世界人類の平和を祈る。


ラズロ博士のメッセージ(日本語訳)
http://blog.goo.ne.jp/heywa/c/39d583abe8fcfbd91cb255ee347b1d96

以下に関連記事を2つ転載します。

******************************

−−− 転載記事(その1)−−−−−−−−−−−−−−−−−

発信元:Mitsu Shibata-Ambassador, the Club of Budapest さん

友人・知人の皆さん

日本には古くから「念じれば通ず」とか「思い(想い)はかなう」と言う表現が有りますが、あることを強く思えば
それが実現する可能性が強まると言う事実は、
経営学や教育セミナーばかりでなく、
生活の知恵の中でも活用されてきました。
私自身にも多くの体験が有りますが、
皆さんも何らかの形で思いが実現することを体されて来ただろうと思います。

私の今までの研究や見聞の結果を総合すると、
現在私は”想いや祈りは、光と同じ様に波動を生み、
何らかの現象的な影響を及ぼす”と考えています。
残念ながら「気」と同じように、「想い」や「祈り」も
現在の物理学では明確に捉えられない為に(*)、
いわゆる「科学的」な事とは考えられていませんが、
電波が明らかになりその利用が一般化したように(**)、
いずれは想い等が科学的に検証される日が来ると思います。

今日は少し唐突な書き出しをしましたが、
このメイルはブダペスト・クラブ会長アーヴィン・ラズロ博士に
よって先導される、来る5月20日に世界各地で行われる
「世界平和瞑想デー」のご案内と参加の呼びかけです
。英文サイト:
http://www.commonpassion.org/partners/cob.html
 
詳細は上のHPや、下記のイタリアの瞑想団体の呼びかけ文
(東京大学中澤教授による
http://yes-to-life.com/peace_day_186.htmlからの和訳)
を見て頂きたいと思いますが、
5月20日には世界の平和を祈り瞑想する行事が、
世界各地で同時的に開催されます。
既に世界の12箇所以上で20万人以上の参加が決まっている
この日 に、参加者は世界の平和を祈り瞑想します。 

それによって、世界平和の実現に少しでも近づくことが
この日の目的ですが、人々による瞑想や祈りが実は
大きな効果を持つであろうことは、
上の理由からも間違いはありませんし、
この日に出来る限り多くの人々が参加することで、
人類社会に於ける「クリティカル・マス効果」や
「バタフライ効果」も大いに期待できます。

この日には、米国プリンストン大学のネルソン教授によって、
世界各地のコンピューターのネットワークを使い
「平和の祈りと瞑想の効果」を測定する計画が有りますが、
これだけグローバルに組織化された祈りや
瞑想イヴェントを測定する試みは史上初めてです。 

米国で1960年代に証明された「マハリシ効果」と同じように、瞑想や祈りが世界的なスケールで測定され、
効果が捉えられれば、
人類史上初の快挙となります。

日本では世界の平和を純粋に祈る白光会が主催する
SOPPもあり、下記も参考になさってください。
http://www.byakko.or.jp/sopp2007/index.html

イタリアでの集会に参加されるためにSOPPには
参加出来ませんが、ラズロ博士は添付のメッセージを
寄せられておりますので、ご一読下さい。

もし会場に参加できない場合でも、
午前10時から午後2時半までの間のご都合のよい時間に、
ご家庭や職場で世界人類の平和をお祈り下さい。
当日富士の朝霧高原の会場に来られないけれども、
その時間に自分がいる場所で祈りや瞑想をされる方も
数多くいらっしゃいますし、
それらの方々も同じ祈りの効果を発揮するはずですので、
どの様な形でも結構ですから
是非20日のイヴェントにご参加下さい。
最後に、この5月20日の世界平和瞑想デーの事を、
出来る限り多くの貴殿の友人・知人にお知らせくだされば
幸甚でございます。

注(*) しかし最先端の量子力学や宇宙物理学も、
実際には分からない事だらけであるのが現実です。 
小は物の本質から大は宇宙の創造まで、
実は未だ何も”科学的”には分かっていません。注(**) 
電World Peace Foundationイタリアのダマヌールで
私たちの瞑想に参加できない方は、
もちろん世界中の別の地点で私たちと一緒に瞑想するか、
地域のほかの人たちと一緒になるか、
あるいはオンラインで http://www.worldpeace.org/
接続し、その 瞑想に従って下さい。
世界中のもっと多くの地点が集合場所として選ばれれば、
変更された最新の情報をお伝えします。
世界を変えるこの行事の主催者のウェブサイトに行くには
下記を参照ください。

http://www.commonpassion.org/partners/cob.html

現在のところ、瞑想が行なわれる場所と
予想される参加人数は以下の通りです。
日本、富士山麓、1万人
オーストラリア、シドニー、500人
インド、ワンネス・テンプル、5万人
インド、オーロビル、5000人
インド、ラクノウ、500人
イスラエル、テル・アヴィヴ、1500〜3000人
ハンガリー、ブダペスト4000〜5000人
イタリア、ダマヌール、1000人
イタリア、ヴィラッジオ・グロバール、ルッカ温泉、4000人
アメリカ合衆国、ダルス、1000〜5000人
アメリカ合衆国、ハワイ、1000〜5000人
サモア、15万人以上。


−−− 転載記事(その2)−−−−−−−−−−−−−−−−−

発信元:スクマールさん

◆5月20日(日曜日):世界平和瞑想&祈りの日
             (Global Meditation & PrayerDay)


次の日曜日に、世界各地で、様々なグループによって、平和のための瞑想&祈りの
行事が開催されます。(この日の名称は、World Peace Day、Global Meditation
Day、Global Oneness Day、World Oneness Dayとも呼ばれています。)

各地の行事で朗読される予定の、ブダペスト・クラブ会長アーヴィン・ラズロ博士
(行事の発起人)のメッセージと、この行事についての説明が下記のブログに紹介
されていますので、どうかお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/heywa/c/39d583abe8fcfbd91cb255ee347b1d96

今回は単に集団で瞑想・お祈りするだけでなく、イベント中にアメリカのプリンス
トン大学のロジャー・ネルソン教授に率いられる特別研究グループによって、瞑想
や祈りが地球全体の意識に及ぼす影響力が科学的に観測されるというのです!!

2007年年5月月20日(日曜日)行事の時刻(いくつかの代表例)
http://www.geocities.jp/byakkou51/20070520.htm

各地の行事の時間帯が少しずつ違うため、5月20日は、日本時間の朝10時から夜
11時まで、世界中で大勢の人々がたえまなく世界平和のために瞑想したり、お祈り
を続けることになります。

当日当方は、富士山麓で開催される、

Symphony of Peace Prayers 2007〜世界平和交響曲〜
http://www.byakko.or.jp/sopp2007/index.html

に高速バスを乗り継いで参加予定にしています。
(この行事には、フィンドホーン財団創設者のお一人である、ドロシー・マクレー
ンさんなど、海外ゲストも多数参加されるとのことです。)

みなさん各自それぞれの場所でかまいません。
もしもよろしければ、当日はそれぞれのご都合にあわせて、祈り・瞑想・レイキ等
で、地球(世界)に平和と調和の波動をお送りください。
時間はご自由ですので、共鳴、賛同された方は是非ご参加下さい。

これまでになかった世界的で大規模なもので、とても重要なイベントだと思うので
すが、残念なことにまだあまり知られていないようです。
このイベントに共鳴、賛同された方でHPやブログをお持ちの方は、どうかご縁の
ある皆様方にお知らせしていただけますと喜びます。

それでは皆様、以上よろしくお願い致します。<(_ _)>

無限なる愛 & 光 をこめて

スクマール

*********************************************
すべての存在(いのち)が無限に光り輝きますように
(@_@)  ★スクマール★ skmar@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/reiki/ 
   http://www.mag2.com/m/0000218739.html
"Peace begins in the hearts and minds of individuals."
*********************************************

posted by HANA at 08:06 | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

オクリモノ2

cherry.jpg

今回のお遍路でのミラクルのひとつに、「M市在住Sさん」のことがある。

全く違う経緯で知り合った2人の人に私は大変お世話になった。お世話になったなどというレベルを超えていて、その2人との出会いがなければ今回の日程で結願することは不可能だったというくらい助けられた。(2人に会ったのはそれぞれ別の日)

その2人が偶然、同じ市に住む同じ苗字の人だったのだ。

2人は親戚でもなんでもないし、お互いは面識もないのだが、なにかと共通点があって、同じようなことをする。とっても不思議。

オクリモノ2はその「M市Sさんその1」から昨日届いた。自宅でとれたサクランボ。市販のサクランボよりうんと小さいけど、皮がやわらかくて甘酸っぱくておいしい。小鳥と奪い合いながら収穫してくれたのだそうだ。

そして、5月2日の日記に書いたオクリモノ(ソラマメ等)は、M市Sさんその2から届いたものだった。

四国にいるとき、これ以上ないくらいお世話になったというのに、2人のSさんは、さらにこんなことをしてくれちゃうのだ。

私にとってM市のSさんはお大師様の化身なのです。

あまりにも有難すぎて、お大師様に私はどうやって恩返しをすればよいのでしょうか。。。
ラベル:お遍路
posted by HANA at 07:00 | TrackBack(0) | お遍路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

気負いを捨てる

このブログの他にも、別のジャンルでいくつかのブログを書いていて、それはまあ、職業上の実験的な意味もあって、いくつかのブログサービスの使い勝手を試すという感じで、内容的にはどうでもいいつもりで書いていたのだけれど、

たとえば日常で、ちょっと面白いなとか、これは書いておきたいな、と思うような出来事があったときに、「この内容だと、どの(テーマの)ブログに書くのが適当なんだろう?」と迷っているうちに書くタイミングを逸して結局どこにも書かずに終わってしまったりすることが多々あった。

それに、他のブログやSNSはあくまで私にとっては「サブ」であって、やっぱりメインは「乳がんホームページ」という気持ちがあり、そういう点で逆に、他のブログでは気軽にくだらないことも書けるのに対し、乳がん掲示板やこのブログでは、気負いがあって(なんか、それなりに意味のあることを書かねばという)考えすぎて書けないこともあった。

掲示板(乳がん掲示板)にしても、オーナーである私の一言というのは、来訪者の方のそれよりも重く受け止められる可能性があるので、あまり無責任なことはかけないな、というプレッシャーがあって、だんだん書込みをしなくなった。

自分がオーナーであるにもかかわらず、来訪者の皆さん同士の楽しい会話に入り込めないところがあって、疎外感すら感じることもあった。

しかし、このところ、そういういろんな「気負い」をすてて、もっと気軽に書いていこうという心境の変化があった。

それでこのブログも、自分で設定したテーマからはズレてしまっているけど、「携帯フォト日記」として、どうでもいいような日常のちょっとしたことを書きはじめたら、これなら無理なく続けられて自分も楽しいかもと思いはじめた今日この頃。

「人の役に立つ情報を提供しなくては」なんてあまり思わずに、自分が書きたいことだけ書けばいいんだな。つまりは。

気まぐれな私のことだから、これがいつまで続くのかわからないけど、しばらくこのペースで続けていけたら、と思っている。


posted by HANA at 00:00| ブログの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

アソビゴコロ

otokomae.jpg

一時期ハマっていた男前豆腐店の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」。
流行ってきたら品薄になり、うちの近所のスーパーではついには品切れ状態が続いた。

その時、すぐそばのコンビニ最大手の店頭に並ぶようになった。
(弱小スーパーは仕入れ競争に負けたんだと推測。
弱肉強食;)

最近また、いろんな種類の男前豆腐が、よく行くスーパーに並ぶようになった。

まあ、それはいいとして、この豆腐を作っている人たちって、
本当に楽しそうだなあ、と思ってしまう。

ネーミングもパッケージも型破り。
「お豆腐」的には、ほとんど無意味とも思えるような部分のこだわり。

でも、おふざけだけではなく、肝心の味は良いので、
そこがまたカッコイイ(笑)

そして、ついまた買ってしまうのだった。
高いといっても100円程度のことだし。
こんなものでちょっと楽しい気分になれるのだから安いものかも。

写真は男前豆腐店の「男の3連チャン」
posted by HANA at 07:34 | TrackBack(0) | ココロとカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

オクリモノ

soramame.jpg

四国遍路で知り合った方(地元のお遍路さん)から、宅急便で荷物が届いた。

たくさんのデコポン、自宅で採れたというソラマメ、スナップエンドウなど。段ボール箱から飛び出した野菜の色の鮮やかさだけで心が癒された。

スーパーで買うと結構高いから、こんなに大量のソラマメって圧巻。立派なサヤをむいて、つやつやの豆が現れると、なんだかわくわくする。

自然の恵みと、送ってくれた方の優しさをいっぱいに感じて、胸の奥から幸せな気持ちがこみ上げる。

写真:4月27日撮影
ラベル:お遍路
posted by HANA at 11:40 | TrackBack(0) | お遍路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。