2005年05月20日

お茶の時間

「リュージュ」という名前のお茶があります。

フランス語みたいな響き。でも実は漢字で「龍珠」と書きます。正式名称は「茉莉龍珠」なのか、詳しいことはよくわかりませんけれど、ジャスミン茶の茶葉を小さな玉にまるめてあって、お湯をそそぐと、水中花みたいに開きます。

たまたま入った中国茶カフェで、きれいだな、面白そうと思って買ったら、おいしさにびっくり!一時ハマってしまいました。ジャスミン茶ってあまり好きではなかったのだけれど、これは何か、私が知っているジャスミン茶とちがーう!!でも、名前の文字や、言葉の響きの素敵さに、酔っている部分もあるのかも、とおもいました。

お茶とかお香って、味や香りそのものはもちろんだけど、名前からイメージして心を遊ばせる楽しさがあります。

そして、お茶をいれて一息いれるっていうのは、単に喉を潤すだけではなく、もっともっと豊かな、「心の栄養」という気がします。コーヒー、日本茶、中国茶、紅茶、ハーブティー、それぞれの奥深さ、楽しさがありますよね。

飲んでおいしいのはもちろんいいけど、名前、見た目、入れるまでの工程が、ゆったりした特別な時間をつくりだしてくれます。

でも、あまりにも忙しすぎて気持ちに余裕がなかったり、ストレスを感じていたり、体の調子が悪かったり、不摂生が続いていたりするときは、お茶のシンプルな味わいがわからなくなって、もっと味の濃いもの、甘いもの、辛いもの、刺激の強いもでないと物足りなく感じたりします。

手間をかけてお茶を入れたり、静かに味わったりすることなく、「ただ流し込む」だけのものになってしまいます。

一杯のお茶をしみじみとおいしく味わえるか否かは、案外、体の健康、心の健康のバロメーターなのかもしれません。
ラベル:飲み物
posted by HANA at 00:00 | TrackBack(0) | ココロとカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。