2005年01月18日

電波の届かないところ・・・

最近ではパソコンや携帯で、離れたところに住んでいる友達や恋人や家族と毎日のように、あるいは一日に何度もメールをやりとりしている人も多いだろう。

例えば自分は東京に住んでいて、北海道の友達と毎日のようにメールのやりとりをしているとする。まるで身近にいるような感覚で、たあいのないおしゃべりするのが日課になっているとする。その友達が2週間アフリカに旅行に行った。パソコンは持っていかない、携帯もつながらない。

さて、そんな時どんな気持ちになるでしょう?・・・きっと味わったことのある人も多いだろうと思う。

そもそも東京と北海道、遠く離れたところに住んでいて日常そばにいるわけではない。そばにいないという点では、北海道でもアフリカでも変りはない。だけど、相手がいつものパソコンの前にいないという感じは、とても寂しく心細くて、そこにいるべき人がいない―不在―という不思議な感触がある。

でも、相手は電波の届かないところにいるだけで、確かに地球上のどこかにいて、そのうち帰ってくる。いざとなれば、国際電話で話すこともできるし、もし向こうがどこかの町でインターネット・カフェをみつけたらパソコンでやりとりすることもできるし、飛行機にのって会いに行くことだって不可能なわけじゃない。

「いつもの手段で話せないところにいる」というだけであって、相手とつながりが切れたわけではないのだ。相手はちゃんと存在している。

それではもし、その友達が死んでしまったとする。

そばにいないという点では、北海道でもアフリカでも天国でも変りはない。
でも、友達は帰ってこないし、もう会えない。

・・・だけど私は思うのだ。

これもまた「いつもの手段で話せないところにいる」というだけであって、相手とつながりが切れたわけではないのだ、と。

そんなふうに考えると、なんだかちょっと安心する。

そう。彼女は「いつもの手段」の電源を切っているか電波の届かないところにいるだけで、いなくなってしまったわけじゃないんだ。

充電器を持っていくのを忘れちゃったのかもね。
posted by HANA at 00:00 | TrackBack(0) | 乳がんと私とインターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。